Atlasマンツーマン英会話

 

30、40代の日本人経営者たちのグローバル展開について|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 時代の転換期を迎えたAtlasマンツーマン英会話の新しい方向性

30、40代の日本人経営者たちのグローバル展開について

2001年頃に行った英語のみの会合の主催をしていた時、北海道大学に通っていた18歳の若者が参加していました。当時はヤンキーな雰囲気でしたが、「こいつは将来何かやるな」という鋭さを感じたのを覚えています。

 

そしてあれから早いもので16年近い月日が経ち、久方ぶりに彼が札幌市内で経営する会社のウェブサイトをチェックしてみましたが、着実にアジア向けにグローバル展開を進めているようです。なかなか意欲的で頼もしい限りですが、同時に大丈夫かなと思うこともあります。

 

インターネット通販での道産食材加工でトップランナーとなり、東南アジアやインドへの市場拡大を目指すといいますが、これら2つがどこから資金を得ているのか、その点についての洞察がなければ無視されるか、抹殺されるかだと思うからです。本気でグローバルをやるならばそのことを知らなければいけません。

 

ITが得意な創業者社長の皆さんはどうもその辺を最初から踏まえて運営されていない方が多いように思います。その結果、グローバルの現場はブランディングと割り切ってしまい、「グローバル・ビジネスをしています」というフリをして国内でやるか、あるいはグローバル事業で泥沼にはまるかのどちらかなになるわけです。

 

あのバーチャルモールの巨人とまで呼ばれた楽天市場でさえ、中国市場で大失敗しています。国内でも離脱者が急激に増えている中、そうそう甘いものではありません。

 

例えば一時期、非常にもてはやされていたアメリカのタクシー配送最大手のUberですが、ビジネス・モデルには根本的な欠陥がいくつかありました。一つは、そもそもこのサービスが何も新たな付加価値を生むものではないということです。

 

これまでインフレ誘導一辺倒だった金融・経済政策の中、欧米諸国を筆頭に世界各国では過剰供給が一般的となってきました。そうした中で今度は北半球を中心に寒冷化が進み始め、徐々にデフレ縮小化となっています。そのため、需要は明らかに逓減しており、需給ギャップが顕著になっています。

 

つまり、UberというのはIT化によって繋いできたというだけのことでした。出会うことのない供給者と需要者を繋げることをデジタル化によって効率よく行っているだけのことなのです。Airbnbも同じです。何も付加価値は生んではいません。

 

それどころか、このビジネス・モデルは参入障壁が非常に低いので次々に同じようなサービスが出てきています。結果、陳腐化が激しくなり、無料で提供せざるを得なくなるわけです。経営者としては大変なことになりました。さらにグローバルに展開したいということになりますが、Uberは中国市場への参入が出来ず、とうとう敗北宣言を出してしまいました。

 

16年前にあの会合で参加者の皆さんに教えたかったのは、実はこのことだったのです。例えば、彼がこの国内市場で成功したとしても、その先でグローバル展開でどことつながる必要があるのかということです。つまり、グローバル企業というのは偶然ではなれないというわけです。

 

というわけで、グローバル企業とは、あからじめ選ばれていた個人が創り上げるものです。表向き語られる経営者の成功本などに騙されていけません。世界的なグローバリストが、ある時、声をかけてくるものです。問題は、それに気づくことが出来るかどうかです。

 

8月に入り、日本では資産バブルが再び始まりました。その中で私たちAtlasが紆余曲折の中で創り上げた会社をこれまで以上に有名にし、しかも語学ビジネスの旗手といった形で世間はもてはやすのでしょうか?

 

もし本当にその次の時台も同時に世界全体に影響を与えるような企業を創り上げたいというのであればここでこそ知るべきです。語学教育業界で先行投資されている企業経営者の皆さん同様、私は静かに見守っていきたいと思います。いつでも、このことについてはお教えいたします。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.