Atlasマンツーマン英会話

 

太陽黒点数はゼロばかりで、世界中でミニ氷河期的状況の拡大が進む|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 「人間」ではない、すべての「人」へ Atlasからの新世界秩序

太陽黒点数はゼロばかりで、世界中でミニ氷河期的状況の拡大が進む

現在、太陽にはすでに黒点が出ない日が多くなっています。そして、これからはさらに太陽活動が低下していき、2018年、さらに2019年4月は太陽活動の最小期と予想され、黒点の出ない状態が長く続く時期が始まります。

 

太陽黒点数(12/17-12/26)
太陽黒点数へのリンク画像です

 

今後12か月の黒点数予測値
今後12か月の黒点数予測値へのリンク画像です

 

太陽活動が地球に影響を与えることについては今まで書いてきましたが、これまで太陽の放射そのものについて考えたことがありませんでした。この太陽の光は、NASAなどによれば11年周期の太陽サイクルの中で、その放射は増えたり減ったりしているそうです。

 

その割合はとても小さいながら、太陽の地球へのエネルギー供給量があまりに巨大なために、絶対量としてはものすごい量のエネルギーの減少ということになるようです。世界各地で寒波や大雪に関して、かなり激しい状況を見せる地域が多くなっていることがニュースなどで報道されています。

 

韓国最大の河川が異常に早くも凍結、台湾の玉山で大雪、パキスタンで異例の寒波、夏のオーストラリアで突然の雪、ロシア・オイミャコンで連日の氷点下50℃から60℃の記録、イタリア各地で12月としては前例のない大雪、前例のない降雪量(3m)に埋もれるドイツ・ブロッケンなど。

 

このように、南北アメリカ、ヨーロッパ全域、ロシア、アジア、トルコ、インド、パキスタンなどほぼ世界中に広がっています。もっとあるのかもしれないですが、知る限りではそのようになっています。さらに、今の季節は真夏の南半球でも、この12月は不安定な気候が続いているようです。少し前のオーストラリアのクイーンズランドでは、「100年ぶりの寒い夏となったことが、地元のニュースで報道されていました。

 

このような通常とは違う寒さというものの原因は、その短い期間だけで考えれば、気圧配置や北極からの冷たい大気などと、わかりやすい理由が存在していますが、今後長い期間ということになると、気候の変化が起きることはわかっていません。

 

長い期間ということになると、それが寒冷期の場合なら、ここ数年、一部の科学者たちはすでに地球はミニ氷河期に入っている、とする学説を展開しています。しかし、科学者たちが考えているのは、気候変動についての要因の中で最大のものは常に太陽活動であり、その変動と地球への気候の影響についての研究は長く続けられています。

 

例えば、地球の気温の異常を作り出すものにエルニーニョやラニーニャ現象などがありますが、これは海の海水温度が通常と違うことによって発生するものです。その海水温度の変化と太陽活動の変化に相関関係があることは広く知られていると思います。

 

しかし、どうしてそうなるのかについては科学的にはまだ証明されていないようです。つまり、様々なことが科学的に証明されていないのですが、それでも科学者たちは自分たちの専門範囲を越えて議論を続ける試みをしています。

 

結局、太陽活動の変動による地球の気候への影響を決定的に評価することができるほどモデル化されているものはないのが現状であって、太陽と地球の気候の関係をダイレクトに示すような単純なメカニズムは存在していないようです。おそらくは、太陽と地球の相互の働きで複雑な気象が作られているのだとは思いますが、しかしその主導権はやはり太陽にあると私は思います。

 

そして、NASAの記事にもありましたがその太陽の活動はこれからかつてないほど弱くなっていく可能性があります。それはグラフを見る限りは確実といえます。次の?11年周期さえきちんとくるのかどうかわからないというものです。

 

少なくとも、現在のままの太陽活動の衰退が続いていけば、地球に?17世紀のマウンダー極小期のような状態が再来するというような予測は、それほど突飛なものでもないと私は思うのですが、皆様はどうお感じになられるでしょうか。

 

そして、これらは、今後の太陽が暗い時代に地球と私たちがどうなっていくのかを示すものでもありそうです。これらのことは、地球は太陽と共に変化していくという当然のことを明確に示しているということなのかもしれません。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.