未来予測プログラム「ウェブボット」はAI(人工知能)ではなく、データ分析の一つ|Atlasマンツーマン英会話,札幌,横浜,名古屋,大阪
Atlasマンツーマン英会話

 

未来予測プログラム「ウェブボット」はAI(人工知能)ではなく、データ分析の一つ|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 「人間」ではない、すべての「人」へ Atlasからの新世界秩序

未来予測プログラム「ウェブボット」はAI(人工知能)ではなく、データ分析の一つ

インターネット上では、未来予測プログラムの「ウェブボット」は日本ではAI(人工知能)として紹介されていますが、厳密にいうとウェブボットはAIではないことが伝えられています。

 

つまり、ウェブボットはビッグデータから特定の情報を抽出するデータマイニングという手法を使っていて、感情値の高い言葉をSNS(TwitterやFacebook)やBBS(2ちゃんねるのような掲示板)などから収集し、世界的に人々が感情的に反応する度合いの高い状況を分析するのがウェブボットというわけです。

 

一方、AI(人工知能)とは、自己学習(ディープ・ラーニング)が可能なコンピューターのシステムのことを言います。例えば、囲碁の世界チャンピオンに勝利したAlphaGoや将棋の電脳戦で名人に勝利したPonanzaなどは、あらゆる対局をシミュレートすることで勝手に自己学習し、どのような対局でも勝利することができるように進化しています。

 

ウェブボットは、このようなディープ・ラーニングするシステムではなく、したがってウェブボットをAIと呼ぶには無理があるというわけです。もちろんウェブボットが最先端のテクノロジーであることを示す比喩的な表現としてウェブボットをAIと呼ぶこともありますが、ウェブボットが実際にAIであることを示しているわけではありません。

 

そのウェブボットが12月後半に予測した仮想通貨市場についてですが、昨年の12月22日に39%下落し、220万円台から150万円台になったビットコインでしたが、その後は190万円台まで回復し、さらに再度値を下げ、150万円台にまで落ち込みました。

 

この下落の理由は、オーストラリアの主要銀行がビットコインの取引に使われている口座をいきなり閉鎖したことにありました。これらの銀行からは口座閉鎖の理由の明確な説明はありませんが、ビットコインの投資のために巨額の資金が銀行から流出のを阻止するためであったのではないかといわれています。この動きが各国の銀行に波及するのを市場が警戒し、相場が下落したものと思われます。

 

また、これとほぼ同じタイミングで、ニューズウィーク誌が2018年のビットコインの急落と消滅を予測した記事が発表されたことも下落の背景のひとつになった可能性があります。ビットコインは150万円台を底値として下げ止まりましたが、口座閉鎖という大きなニュースの割りには、ビットコインの変動は小幅であったといえるでしょう。

 

ウェブボットの10月予測レポートにあった39%の調整があった12月22日を調整の起点とするなら、6週間後の2月の上旬からは上昇のトレンドが始まると見ることができます。これはウェブボットの予測とも整合性があるとも考えられます。

 

最近、ビットコインは40%近く急落しましたが、これはビットコインの先物市場(CME)が解禁になり、膨大な資金がなだれ込んだ結果だと思われます。先物市場にとっては、遊ぶための新しいおもちゃが与えられたため、乱高下のパターンになっています。しかし、30%や40%という変動はあまりにも激しいため、先物市場の投資家の多くはレバレッジのために資産を失くしてしまうはずです。

 

ウェブボットのデータでは、いま世界人口の約1.2%の人々が仮想通貨市場に投資していると見ています。しかし、2018年には13.8%に拡大し、新しい人々が一気に仮想通貨市場に参入するというわけです。これが引き起こすビットコインの価格上昇は激しく、まず710万円(6万4000ドル)まで上昇し、その後2018年内に1100万円(10万ドル)を突破すると予測しています。しかし、いつものように、710万円の水準に達すると30%を越える調整があることは間違いないようです。

 

しかし、仮想通貨ビットコインの価格が本日未明より大暴落していると演出されています。しかし、これで終わりではなく、20日頃から再び復調が演出され、さらに2月初旬より大暴落となる可能性があります。むしろこの2月の大暴落の方が大きいことをあらかじめ認識しておくべきです。

 

その後、3月になって収まり、全体として復調するように見えますが、それ でも2017年後半のような大暴騰にはならないかもしれません。

 

問題は、20日で利益確定するか、あるいはそのまま仮想通貨に再投資するのではなく、どこにキャッシュを入れていくべきなのかという点が課題になりそうです。明日17日が転換点であるとあらかじめ語られています。

 

※本コラムは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。金融商品の売買は購読者ご自身の責任に基づいて慎重に行って下さい。弊社は読者が行った金融商品の売買についていかなる責任も負うものではありません。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.