Atlasマンツーマン英会話

 

弊社税理士のコラム「離婚率増加の日本、アメリカに学ぶべき事」|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > すべての「人」へ、今、起きている本当のことをあなたに

弊社税理士のコラム 「離婚率増加の日本、アメリカに学ぶべき事」

Prenups(プレナップス)という英語を知っているでしょうか?

 

この言葉を知っている人は実にアメリカ通といえます。正式にはPrenups Agreementと呼ばれ、結婚前に決める財産契約のことです。アメリカのカリフォルニア州では離婚率が52%もあります。

 

離婚となれば、汗水たらして働いて作った財産の過半を配偶者に取られることになります。DVでもあろうものなら、9割まで持って行かれるのがアメリカですから、そのために、結婚式では「妻を永遠に愛します」という誓いの言葉の前に、「もし離婚する時の、妻の取り分を今、決めておく」という何だかよくわからない契約をプレナップスと呼んでいるのです。

 

離婚や再婚が多いアメリカでは、先妻との間の子の取り分もしっかり守ってやりたいという思いもあるようです。また、日本と同じく晩婚化が進んでいて、結婚する頃にはかなりの財産を貯めている人もいます。

 

また、プレナップスやトラスト(Trust)は契約なので遺言書よりはるかに効力があり、遺言書を書いている人は再婚の際には書き換えなければなりません。特に相続税対策を行っている者はプレナップスとトラスト、そして遺言者が正しく整合性がとれているかを常にチェックしなければならないのです。

 

プレナップスを作成しておかないと、もし夫が死んだとき、自動的に今の妻に半分の遺産を持っていかれることになりかねません。そのために結婚する前から、かけ引きが必要になります。先妻の子にこれだけ遺産を相続させる代わりに、妻受取りの生命保険に加入するとかです。

 

またAsset Protectionトラストというのもあって、会社のオーナーがよく作りますが、自分が死んだらこの会社を息子に承継させるのに文句を言わない代わりに、この財産を特別にあげるというものです。

 

さらにQualified Personal-residenceトラストがあって、このトラストをプレナップスの中の一部として活用し、現在の妻は私の死後、生きている間はこの家に住むことができますが、死ぬと同時に自分の子が相続することになります。

 

これらは日本では考えられないシステムですが、離婚や再婚を繰り返すアメリカ人の長い歴史の中から生まれた、アメリカ文化の一つであると私は思います。今後、日本の晩婚化と離婚率の上昇から、一つアメリカに学ぶことがあるのではないでしょうか。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.