Atlasマンツーマン英会話

 

日本国内のあらゆる地域で震度3以上の地震が連続している①「満月と巨大地震の関係性」 |Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > すべての「人」へ、今、起きている本当のことをあなたに

日本国内のあらゆる地域で震度3以上の地震が連続している①「満月と巨大地震の関係性」

地震大国と呼ばれる日本とはいえ、マグニチュード 4以上、震度3以上の地震が平時にこれほど連続するということは、そんなにあることではありません。6月18日に起きた大阪の地震のあった場所とはもはや全く関係ないようです。

 

6月に入ってから本日6月28日時点まで震度を記録した地震の数は1日あたり平均 10回以上に上ります。これが多いのかそうでもないのかはわかりにくいかもしれませんが、震度を記録した地震という意味では多い方にあたるというわけです。この 6月の日本での毎日の地震の回数を調べてみますと以下のようになります。

 

2018年6月に「震度」が記録された日本国内の地震

 

6月1日0回
6月2日2回
6月3日12回
6月4日3回
6月5日1回
6月6日7回
6月7日6回
6月8日2回
6月9日3回
6月10日2回
6月11日4回
6月12日6回
6月13日1回
6月14日9回
6月15日5回
6月16日14回 ※ 千葉県で地震が連続した日
6月17日6回
6月18日23回※ 大阪府で M5.9が発生
6月19日16回
6月20日8回
6月21日5回
6月22日6回
6月23日2回
6月24日2回
6月25日8回
6月26日11回

 

6月16日に14回という日がありますが、この日は千葉県で地震が多数起きた日で、一般的な説明ではスロー地震が関係しているのではないかとされています。一方、6月18日は大阪府でマグニチュード 5.9の地震が起きた日ですが、それほど巨大な規模ということでもなく、この地震の余震は3日目には、ほとんど収まっています。

 

そんな中で、私が何となく注目したのは、6月3日と6月26日です。一日に起きた地震の数も多かったのですが、その震源が隔たりなく日本列島を縦断しています。このような震源の配置で、マグニチュード 4、震度 3を越える地震が連発していたというのが興味深いところです。

 

これまで日本列島の北から南まで満遍なくマグニチュード 4程度の地震が起き続けるという日はほとんどなかったわけです。 6月のこの異様な感じというものを1ヵ月にわたっても感じた次第です。確かに地震はいつどこで起きても不思議ではないのですが、日本列島全体での地質の躍動が感じられ、それなりの出来事も近いのかもしれないとも考えられます。

 

以前、日本の東京大学の地震研究チームが「満月と超巨大地震が関係する」という論文を出したことがありました。しかし、これに関しては、少しは関係しているかもしれませんがと断言するのは厳しいものとはなっています。そして6月28日が満月でした。

 

そんなわけで、最近の地震の発生と火山活動の状況を見ていますと、地質的に活動的になっていることは否定しようがありません。そのような状況の中、直近がどのようになるのかはわからないにしても、少し長いスパンの間でこれらの活動の収束点はわかるのかもしれません。

 

なお、震源が日本列島を縦断していることからもわかるように、日本全国で活動が活発ですので、地域的なリスクはそれほど関係ないことで、日本ならどこでも起こりえるということになりそうです。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.