世界中に存在するお金(マネー・通貨)の基になる簿外資産(オフ・バランス・アセット)② 「契丹を祖先に持つ根源的階層」|Atlasマンツーマン英会話,札幌,横浜,名古屋,大阪
Atlasマンツーマン英会話

 

世界中に存在するお金(マネー・通貨)の基になる簿外資産(オフ・バランス・アセット)② 「契丹を祖先に持つ根源的階層」|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > すべての「人」へ、今、起きている本当のことをあなたに

世界中に存在するお金(マネー・通貨)の基になる簿外資産(オフ・バランス・アセット)② 「契丹を祖先に持つ根源的階層」

もう一つ、簿外資産として存在しているものとして金(ゴールド)などの重金属があります。金や銀などの重金属は、鉱石や砂金などから採取し、生成されていますが、これまでその生成過程については分っていませんでした。

 

しかし最近、生成の秘密が解明されつつあります。それは、中性子星同士の凄まじい衝突により宇宙空間から放出され、地球に飛来してきたという説です。科学雑誌のナショナル・ジオグラフィックでは、中性子星の合体が観測されたことによって、長い間議論されてきた重元素の起源も解明を試みました。

 

近年の研究で、超新星爆発から現在宇宙に存在する重金属に匹敵するだけの量が放出されなかったことが分かってきているようです。こうした重い元素を作るには、たくさんの中性子が必要であり、中性子とは原子核を構成する粒子の一つで、中性子星が爆発した時に大量に放出されるというわけです。

 

アリゾナ大学のフェリヤル・オゼル氏によると、この質量とできたての中性子星の特徴を踏まえると、これはほぼ間違いなくブラックホールだという結論に至ったようです。そして、飛来した金銀のうち三次元の地球で実体化したものはごく一部であり、その大半は未だに三次元ではない中間の時空に留まっていると言います。

 

その次元の狭間に、精神の力や機械的手段を用いて達した一部の人たちがいました。彼らは血族単位で世界的に活動し、共同でその膨大な金の出し入れを管理し、世界をコントロールしてきたわけです。彼らのことを根源的階層、つまり王族と呼ばれていたり、日本では皇族と呼ばれています。

 

さて、一般的に日米同盟とは軍事同盟であると私たち日本人は信じています。ところが、実際にはアメリカ政府にお金が足りなくなった時、日本政府に対して「これだけ送金してほしい」といえば日本は日米同盟を名目に定められた様々な国際約束(条約・協定)に基づいてこれを拒むことができません。

 

要するに、日米同盟とは金融同盟のことであって、戦後はアメリカにとって日本は大事なファンド国家であり、セーフ・ヘブン(安全回避地)でもあります。そして、その期間は1945年から100年間の期限があり、2045年まで日本は主権がないまま推移しているわけです。

 

そして、その頃に成立した世界的な金融体制がブレトン・ウッズ体制です。ブレトン・ウッズ協定とは、1929年の世界大恐慌により1930年代に各国がブロック経済圏をつくって世界大戦を招いた反省によるだけでなく、第二次世界大戦で疲弊・混乱した世界経済を安定化させる目的がありました。

 

米ドルを基軸とした固定為替相場制であり、1オンス35ドルと金兌換によってアメリカの米ドルと各国の通貨の交換比率(為替相場)を一定に保つことによって自由貿易を発展させ、世界経済を安定させる仕組みです。

 

協定の概要はアシュケナジム系ユダヤ人が決めましたが、細則は客家・華僑ネットワークが乗り込んできて決めたことになっています。歴史の教科書では、アメリカは信仰の自由を求めた清教徒がメイフラワー号に乗ってアメリカに渡ったことが始まりと書かれています。

 

しかし、その後はユダヤ系が支配し始め、さらにその後は中国系がアメリカを牛耳っているわけです。いずれにしても、アメリカの所有者は客家・華僑ネットワークであり、そのファンドの運用はユダヤ人となっており、両者の意向が一致しないと物事が進まない仕組みになっています。

 

例えば、アメリカの大手銀行シティ・バンクは客家であった宋美齢が民族資産という簿外資産を用い設立しました。あくまでも中国がアメリカのオーナーというわけではなく、客家集団が事実上のオーナーということになります。

 

話は変わりますが、日本は歴史的に三国志時代から隋、唐、宋、元、明、清のセーフ・ヘイブン(安全回避地)でもあり、体制に危機が起きた場合、日本に逃げて来ていたという事実があります。つまり、現在の中国にあたる歴代王朝の財産の大部分は日本に隠されているというわけです。ただし、最後の清王朝まで「漢人」の王朝は存在したことはありませんでした。

 

中国や日本を欧州に初めて紹介したマルコ・ポーロという人物は、「東方見聞録」という日記の中で日本をジパング、そして中国をキャセイと呼んでいます。写本では、中国大陸から1,500海里(2,500km)に王を擁いた白い肌の人々が住む巨大な島があり、黄金の宮殿や豊富な宝石・赤い真珠類などを紹介しています。

 

当時の日中貿易は杭州を拠点に行われていたことで、1500海里という表現は泉州から九州北部までの距離と符合し、マルコ・ポーロは日本の情報を泉州(福建省)で得たと思われます。ジパングの呼称も中国南部の日本国の発音ji-pen-quoが由来と思われています。

 

一方、中国のことをキャセイと呼んでいた語源はキタイ(Cathay・契丹)だと想像できます。契丹という国は現在の北朝鮮の上にありました。947年には国号を遼とし、1125年、金と宋に挟撃され滅亡しています。英語でChina と並んで中国を意味する Cathay の語源はこのキタイであるとされているようです。

 

漢人ではない契丹人の末裔は、現在雲南省で膨大な簿外資産を管理していると言われています。つまり、彼らがセファラデム系ユダヤ人であり、そしてそれは必ず日本円を介して世界中に分配されることになっているわけです。なぜなら、日本の天皇家と同族だからです。現金化される際には必ず日銀を通すことで円の需要が極端に増すことから、極端な円高になる傾向があります。

 

しかし、中曽根康弘首相の時代に当たる1980年代前半からその簿外資産を自民党清和会が横領し始めました。彼らは別な用途でその莫大な簿外資産の一部を北朝鮮に運び、それを欧州市場で運用させていました。

 

1984年3月24日に簿外資産スキームをねじ曲げられ、昭和天皇の崩御1年後の1990年に平成バブルは崩壊しました。つまり、今起きている森友・加計学園問題などの安倍政権内の混乱や緊迫している北朝鮮情勢は簿外資産の流れを正常に戻すための試みとされています。

 

簿外資産を横領したからこそこの30年ほどは自民党清和会の独占が起きているわけですが、現在、円安に振れているのは清和会所属の安倍首相が総理大臣をなかなか辞めないからだと考えられます。

 

しかし、それもいつまでも続くことはなく、簿外資産の正常化は新世界秩序への移行する資金でもあることから、まず資金の流れの正常化は北朝鮮の体制の転換を伴い、新たな世界秩序の構築へと流れていくことになるというわけです。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.