Atlasマンツーマン英会話

 

「英語はただ通じればいい」と考える、いつまでも信頼されない日本人|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > すべての「人」へ、今、起きている本当のことをあなたに

「英語はただ通じればいい」と考える、いつまでも信頼されない日本人

「英語は通じればいい」と言う方がいます。しかし、相手に熱意や誠意や細かいニュアンスも通じるのなら問題はありません。実はそれが英語の到達点であるというわけです。

 

この「通じればいい」という意味が、「少し違った英語表現でも伝わればいい」という意味なら大きな問題があります。なぜなら、コミュニケーションというのは熱意やニュアンスなどを含めた総合的なものだからです。

 

おおまかな内容が伝わったとしても、相手に熱意や情熱が感じさせられないのであれば、相手を動かすことはできないわけです。契約上、最低限のことを形にできてもそれがビジネス上の成果になることはありません。

 

ディープラーニングによって今後はAI(人工知能)が私たちの仕事をしてくれることは確実ですが、こと言語についてはいくらグーグルが研究に研究を重ねたところで熱意や情熱を持った人の代わりにはならないでしょう。

 

いつの時代にもいえることですが、プロの通訳者やAI通訳機を使った場合、情熱や誠意が相手に伝わることは難しいものです。形式的・儀礼的な場合は通訳でも支障がない一方、真の関係構築に際して通訳を介すると、情熱や熱意が伝わりにくくなります。

 

私自身、英語の通訳経験があるため、このように感じていましたが、単純に通訳は時間が倍以上かかることもスピードが求められるデジタル時代には合っていないと思われます。AIが情熱やニュアンスも含めて瞬時に訳してくれるようになれば別ですが、そのような時代は来ることはないでしょう。

 

普通、話すことは書くことと違い、文法や語彙に若干の間違いが出てきます。例えば、三人称単数現在のsを忘れたり、ニュアンスの違う単語を使ってしまうようなことがあります。しかし、文法や語彙の間違いを気にしすぎると話すらできなくなるわけです。

 

また、その都度発言していかなくてはいけないので、話す時には少しのミスは許されます。しかし、ビジネス上の関係構築では話す時も書く時も相手に対して失礼な表現になっていないことを十分に確認すべきです。

 

中学・高校で学んだ英語をそのまま使うと、相手を不愉快にさせることはよくあります。英語で会話をしている時にどうしても聞き取れない時がありますが、そこで日本語の「なに?」と同じ感覚で "What?" と聞き返すことは、実はとても失礼な言い回しです。

 

本当に親しい友人同士ではない限り、 "Sorry?" と語尾を上げて聞き返したり、 "What was that?" といったフレーズを使います。ビジネスの場面では、より丁寧な "Pardon?" や "Could you say it again?" といった表現になります。

 

日本人の英語がぶっきらぼうという悪評はこの英語の教科書のせいなのですが、英語ネイティブは丁寧で婉曲的な表現を使いながらも、明確に伝わる表現を好みます。ですから、単にストレートな表現では相手にとても失礼になってしまうということも心に留めておくべきです。

 

私自身、英語や日本語に40年以上も慣れ親しんでいますが、今でも日本の新聞や英字雑誌を読んでも知らない単語に出合うことがあります。ちなみに、韓国語とスペイン語もある程度自由に話しますが、語彙力の強化の面からはリスニングが大切なことを認識しています。

 

そのため、日々様々な勉強をしているわけですが、連日のように世界中のマスメディアが様々な喧伝・報道をしている中で、的確な理解や分析ができないこともあり、一部の人たちと日本語や英語で打ち合わせをしてもうまく伝わっていないと不安になることもあります。

 

もちろん、すべての人がグローバル化に備えて英語力を徹底強化すべきであるとは思ってはいません。なぜなら、業態や業種、所属部署によって違いはありますが、職業によっては英語がほぼ不要ということはあるからです。

 

しかし今後、ある程度グローバル化を進めようとしている企業の経営幹部や海外事業担当者が英語ができないことは致命的になると考えられます。英語ができずに現地に赴いても、「何をしに来た?」を思われるのが関の山だからです。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.