貧乏暮らしの20代、30代が貧困から脱出する方法|Atlasマンツーマン英会話,札幌,横浜,名古屋,大阪
Atlasマンツーマン英会話

貧乏暮らしの20代、30代が貧困から脱出する方法|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > これから全てが新しく始まる20代・30代のあなたに 

貧乏暮らしの20代、30代が貧困から脱出する方法

以前、「貯金ゼロの40代、50代が貧困から脱出する方法」というトピックでコラムで書いたことがありましたが、今回は「20代で貧乏から脱出する方法」について私の個人的な考え方を紹介したいと思います。

 

基本的な私の考え方としては、貧乏から脱出する必要などないというものです。そもそも20代は、まだ会社から仕事を教わっている立場の方も多いですから、収入は低くて当然です。その少ない収入の中から、さらに貯金のためのお金を捻出しようとすると、家と会社の往復だけの節約生活になりかねません。

 

そもそも体力がある20代だからこそできる様々な経験を捨ててまで節約貯金に励むことは、そんなに価値のあることだとは思いません。もちろん、コスト削減が不要ということではありませんが、例えば、学生時代からスマホを契約している人はそれなりにITスキルがついていると思うわけです。

 

しかし、ドコモやAU、ソフトバンクのような大手キャリアにしておくよりは、格安SIMに見直しても良いはずです。両親から紹介された生命保険なども不要です。なぜなら、独身のままなら死んだからといって、経済的に困窮する人は多くないからです。

 

それに、新しいスマホや洋服など自分が満足してそれで終わり、あるいは見栄のための出費が多くて貧乏ということなら自分の消費性向を見直す必要があります。それよりも、コツコツお金を貯めるのではなく、未来の自分に投資したほうが良いわけです。

 

つまり、20代中盤までは貯金はむしろゼロにするべきです。なぜなら、投資は早ければ早いほど回収期間も長く、回収できる資産や人脈や知恵などが大きくなるからです。40代になってから自己投資をしても刈り取れる期間は短いので、職業人生の残り時間が長い20代こその特権だと言えるかもしれません。

 

スマホゲームでも敵を倒して得たゴールドを貯め込んでいるだけでは、前に進めません。より強い敵を倒すために、武器を買ったり仲間を集めたり、稼いだゴールドを再投資するはずです。人生もそれと同じではないでしょうか。

 

高い建物を建てるには、土台を深く掘る必要があります。そして20代はその土台作りの時期です。だから自分の土台作りのために、稼いだお金は全部再投資するくらいでちょうど良いというが私の考えです。

 

もちろん、転職などで収入をアップさせるのもひとつの選択肢ですが、転職を考える際、学生時代のように人気があるとか注目を集めている企業、あるいは給与の高い会社を目指すのではなく、自分が成長する機会があるかどうかで選ぶべきです。

 

自分はどういう人材を目指していて、そのためにはどういう経験が必要か、そしてそのためには、どういう仕事が適しているのかなど、収入など後からいくらでも挽回でき、その時間も残されているわけですから、まずは自分を鍛えてくれる環境に身を置くべきです。

 

一方、30代は結婚・出産など、生活の変化やイベントなどの出費が多い時期ですので、ある程度の蓄えが必要だと感じている人も多いと思います。まずは、自分が当たり前と感じていることを疑ってみることです。

 

60代になれば嫌でも定年退職を数年先に控えて収入が減る一方、さらには親の介護などにもお金がかかる時期でこのタイミングで貧乏という人は、まず年金事務所に問い合わせて、自分がもらえる年金額を照会してみることです。

 

まずはそれで、自分の生活設計を再構築することができ、それで何とか生活できるなら貧乏だなどと嘆く必要はなくなるはずです。

 Atlas CEO ピーター・ヨネナガが教える「倒産・休廃業(解散)を防ぐ英会話スクールの経営分析コラム」 Atlasマンツーマン英会話への転校をご希望の方に「大手英会話スクールのやめ方・中途解約方法」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.