Atlasマンツーマン英会話

海外留学・海外勤務なしでTOEIC830点を取った人の体験談(1)山本公平さん|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > Atlasマンツーマン英会話があなたにぴったりの学習法を教えます > 海外留学・海外勤務なしでTOEIC830点を取った人の体験談(1)山本公平さん

海外留学・海外勤務なしでTOEIC830点を取った人の体験談(1)山本公平さん

「学生時代は受験で英語を勉強したくらいで、どちらかというと英語は不得意でした。約10年前に新卒で就職し、国内業務の部署ですが、上司がアジア市場の参入に関わっていたので、海外業務への興味はありました。この頃受験したTOEICの点数は465点でした。

 

英語の学習継続のためには明確な目標が必要です。海外駐在者が企画を終え、CNNやBBCが自然とわかるようになった、と語る社内報を読んで、これなら自分でもできると考え、Atlasマンツーマン英会話に通学することになりました。

 

こどもがいるので、自宅で勉強する時間と場所が確保できませんでした。そこで約1時間の通勤時間とAtlasのマンツーマンレッスンを活用しました。また、いかにお金をかけずに勉強するかにもこだわりました。

 

そして目をつけたのがスマートフォンのアプリ学習です。電車内では身動きが取れませんが、スマホならCNNやBBCの動画を見ることができます。そこで30分の乗り換え前までにCNNを見て、残りの30分でBBCと英語のニュース記事を読みました。

 

スマホなら知らない単語もすぐに検索できるので便利です。会社のすぐ近くにAtlasがあるので週1回レッスンを受けて、帰りは座れることも多いので、自宅に帰ってからはNHKワールドニュースを英語で見ることにしています。

 

まとまった時間が取れないからこそ、自分に合った勉強法を探してきました。教材を買い、自宅で机に向かって英語を勉強することもありましたがどうしても長続きしませんでした。教材を何冊も買うのは意味がないこともわかりました。やるならTOEIC公式問題集とネイティブ講師のマンツーマンレッスンと学習カウンセリングで十分だと思います。

 

こうした勉強法で730点を超えるようになったものの、やがて停滞しました。やはり同じ勉強法では壁を越えられないようです。そこまで内容がわかっているものを選んで聴いていた英語のニュースを海外の出来事や知らない人のインタビューなど背景を知らない話題のものにリスニング素材を変更しました。

 

その結果、1年後には800点に到達し、本当にうれしく思いました。今の部署は海外拠点とのやりとりが中心です。リスニングやリーディングは電車内で、スピーキングとライティングはAtlasで習い、今では自信がつくようになりましたが、今後は会議で発言したり、海外出張で先方とたくさんコミュニケーションを図ることで幅を広げたいですね。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.