Atlasマンツーマン英会話

TOEIC500点台の英語学習法 TOEIC攻略本で近道しようとするほど遠回りになる|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > Atlasマンツーマン英会話があなたにぴったりの学習法を教えます > TOEIC500点台の英語学習法 TOEIC攻略本で近道しようとするほど遠回りになる

TOEIC500点台の英語学習法 TOEIC攻略本で近道しようとするほど遠回りになる

企業から一定期間で社員のTOEICスコアを伸ばしてほしい、といった依頼を受ける中、教わる社員は英語レベルもモチベーションもバラバラだ。特にTOEIC500点台には英語に興味を持って取り組み始めた人と、あまりやる気がない人が存在する。

 

両者に共通する特徴は、テスト対策をやりたがる人が多いということだが、早く結果が欲しいからか、とにかく近道したがる。例えば、例文を見せ音読しましょう、とアドバイスしてもTOEICにスピーキングのテストはないので必要ない、と言われてしまう。

 

ところが、多くの人が行きたがる近道が、実は全然近道になっていないということはよくある話だ。それどころか、かえって遠回りになっていることもある。

 

声に出す練習は、リスニング対策でもよくする。日本人はLとRの区別ができないと言われるが、微妙な発音を聞き分けるには、ちょっとしたコツが必要なのだ。それは、どんなに言葉で説明されてもわからない。自分で発音してみることで、気がつくことが多いからだ。

 

Atlasが持つ会員の多くが大学受験の経験があり、英語の文法や読解の基礎は備わっている。忘れているだけなら、やり直せば思い出す。ところが、リスニングについてはきちんとやっていない人がほとんどだ。それは英語の音に慣れるトレーニングをやれば一気にTOEICのスコアアップを一気に狙えるということでもあるのだ。

 

上級レベルになればなるほど上積みは難しくなってくるし、下のレベルになると基礎固めからやるので時間はかかる。今の知識をトレーニングで使えるようにしていける500点台の人こそ、焦ってほしくない。

 

リスニング対策なら、TOEIC用問題集のリスニングパートを集中的にやるのがいいと思いがちだが、そう単純でもない。問題集は実際の出題形式にシンクロしているので、時間配分の感覚をつかむのはいいが、集中的にこの部分を強化したいという課題を持ったトレーニングには不向きと言える。

 

解説もあまり掘り下げられたものではないので、問題をこなしたという自己満足だけで終わってしまうこともあるので注意が必要だ。

 

こうした実情も踏まえて、600点を超えるまでは試験対策を意識せず、普通に英語の勉強をしたほうがいいかもしれない。特にリーディングは、TOEICはビジネスに関するトピックや語彙が出るので、少しでもそれに近い教材やレッスンと思われるようだ。それなら自分の興味のある分野の英語に触れたほうが楽しいし、モチベーションも上がる。

 

洋楽が好きなら発音を真似てカラオケで歌ってみたり、料理が好きなら英語のサイトからレシピを作ってみる。映画が好きなら英語字幕か字幕なしで観て楽しむ。衛星放送やYoutubeを活用すれば、生きた英語教材はいくらでも手に入るはずだ。

 

ここで注意したいのが、日本人はどうも困難を乗り越えてこそ勉強と思うところがある。それゆえに、負担の大きな学習方法や難しい書籍教材やレッスンに挑戦したがる。しかし、それで挫折しては元も子もない。語学の習得とは、「わかっていることやできることをより早く、上手にたくさんできるようになること」なのだ。

 

書籍教材を買うなら、薄くて楽にこなせる一段下のレベルのものを選んで、何度も繰り返し、何冊もこなす。それを振り返ったときにこんなにたくさんこなした、と自信になる。自信を積み上げていくと次のステップに挑戦する意欲が自然とわいてくるようになる。

 

企業からTOEICのスコアを求められるということは、仕事で使える相応の英語能力が求められるということに他ならない。急場しのぎの受験テクニックでスコア稼ぎをしたところで、あまり意味はなさないだろう。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.