はじめに|Atlasマンツーマン英会話,札幌,横浜,名古屋,大阪
Atlasマンツーマン英会話

はじめに|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > 「Atlasマンツーマン英会話」がなぜ強いのか? > はじめに

はじめに

Atlasマンツーマン英会話は1995年4月、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに生まれたMembership Language School(会員制語学スクール)である。


アメリカの本社名をAtlas Corporationといい、日本では語学スクールとしてはベルリッツ、ECC、イーオン、シェーン、GABAに次ぐ、第5位の規模を誇るAtlasマンツーマン英会話として全国に展開している。前年対比約15%増という高成長・高収益を誇る素晴らしい伸び率である。


Atlasは全国主要都市のターミナル駅前で英語のみならず韓国語や中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語など10言語以上を教えているため、その教室を「ランゲージスペース(LS)」と呼ばれる。

 

日本には2003年2月に札幌大通LSをオープンして初上陸を果たし、オンライン英会話スクールeAtlas、2004年9月には、横浜LS、2005年には仙台LS、2006年には名古屋駅前LS、2011年には大阪梅田LS、20012年1月には札幌駅前LSと韓流サロン、中国サロンを開講し、2013年6月にオープンした名古屋栄LSで、全国10校となった。日本法人名はアトラス株式会社(本社:札幌市、Peter Yonenaga社長)である。(以下、Atlasと略す)


Atlasを皮切りに、国内・外資の投資会社が続々とM&Aで英会話スクールを買収しているが、Atlas以外は何社かを除いて苦戦を強いられているようだ。


同じマンツーマンレッスンスタイルで東京に本社を置くGabaは、Atlasより一歩早くサービスを開始したが、数年のうちに外資系企業に売却され、2010年には介護大手のニチイ学館が買収しCOCO塾というグループレッスン主体の英会話スクールを始めたが、膨大なテレビCMやインターネット広告などを行っても十分に演出しきれなかったようだ。

 

2007年のNOVA、2010年のジオス倒産後、名古屋に本拠地を置く自分未来アソシエ株式会社は両校を譲り受け数100校のフランチャイズ展開をしたが、2013年現在も十分な収益を得られていない。


また、株式会社ベネッセはベルリッツを買収し多くの不採算教室を閉校させたが、いまだに苦戦を強いられている。

 

子供向け英会話スクールでは塾大手の栄光ゼミナールがシェーン英会話を買収して完全子会社化したが、この数年は両事業の効率化や、講師の相互派遣による事業展開でも自分未来アソシエ同様、十分な収益を得られていない。


これらに対して、日本においてAtlasの元気ぶりが際立っている。日本の大手英会話スクールの一つであるECCグループ全体の2009年有価証券報告によると、売上高は360億となっている。教室数約360校なので1教室当たりにすると1億円となる。これに対して、Atlasの2011年度の売上高は約10億円である。教室数は5校なので、1教室当たりの売上高は2億円となる。これはAtlas全国平均である。

 

詳しい数字は公表されていないが、私の推計では2011年度で売上高10億円を超えている。売り上げトップクラスの名古屋駅前LSや横浜LSなどは2億円を超えていると聞く。Atlasは日本上陸13年で、1教室当たりの売上高は日本の大手英会話スクールをはるかに超えている、ということになる。これはとても立派なことだと思う。


日本におけるAtlasの店舗数は、他の大手英会話スクールと比べるとまだまだ少ない。しかし、数こそ少ないながらも、そのマンツーマンスクールの存在を知る人にとって絶大な人気を博していることは間違いない。今やAtlasマンツーマン英会話は、日本市場に完全に定着したと言えるのではないか。


私は2004年から約2年間、オーナーからの依頼でAtlasを全国展開するためのプロジェクトに関わった。それをきっかけとして教室運営の仕事に携わった。そして、契約が終了してからも、ずっとAtlasマンツーマン英会話に関心を寄せてきた。


Atlasはなぜこれほど元気なのか。なぜ、これほどAtlasは強いのだろうか。私のAtlas勤務の経験と、Atlasを離れても「Atlasウオッチャー」としてAtlasの動向を見つめてきた私の視点で、その理由について、これから論述していきたい。


生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.