Atlasマンツーマン英会話

Atlasのランゲージスペース(LS)型レッスンルーム設計の意味と効果(1)|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > コラム一覧 > 「Atlasマンツーマン英会話」がなぜ強いのか? >Atlasのランゲージスペース(LS)型レッスンルーム設計の意味と効果(1)

Atlasのランゲージスペース(LS)型レッスンルーム設計の意味と効果(1)

Atlasの経費削減の大きな源になっているのは、その独自のLS型オペレーションにある。

 

会員にとってはおなじみかもしれないが、Atlasを理解する上で、レッスンルームの細部の設計に至るまで意味があることを知ってほしい。

 

① 標準は100×200でダークブラウン色のレイアウト
AtlasのLSはシンプルで頑丈にできている。1LS当たりの面積は平均50坪で、各LS面積のばらつきは少ない。1LSに約15ブース以上をつくり、縦が2メートル、幅が1メートルの長方形で、高さが150センチに統一されている。すべてダークブラウンを基調にした格調高いレイアウトが施されているが無駄な曲線や飾りはない。

 

校内のレイアウトはどのLSは全国ほとんど同じになっていて、オペレーションの効率を最大限にするために、あらゆる工夫が凝らされている。

 

② 空間レイアウトが海外にいるような感覚を抱かせる

 

最近の美容室やエステサロンも大きくなった。しかしAtlasの校内に入ってみると、レイアウトのセンスに驚かされてしまう。一瞬、日本ではなく、海外にいるような感覚になる。

 

カウンターには2人の若い受付を担当している女性が軽く会釈をし微笑む。その横にはモデルのような外国人男性が話しかけるように接近してくる。もちろん話す言葉は英語によるコミュニケーションだ。

 

大きな窓が並んでおり、自然採光を行っている。天井にはダウンライトや暖色系のLEDライトが一つひとつのレッスンブースを照らしている。もちろん夏冬の冷暖房を調整し光熱費を節約している。

 

天井が高いために圧迫感は全くない。これほど良くできたレイアウトの語学学校はあまり見当たらないだろう。

生徒さんの声レッスン体験談

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.