Atlasマンツーマン英会話

Atlasが考えるグローバル化時代の「社内英語公用語化」|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > Atlasが考えるグローバル化時代の「社内英語公用語化」

Atlasマンツーマン英会話,札幌,横浜,名古屋,大阪 Atlasが考えるグローバル化時代の「社内英語公用語化」

世界的なグローバル企業の社員は全員英語で話す。
かつて日本で行われたことのない実験を2万人以上の日本人が、この20年間、「Atlasマンツーマン英会話」で英語をマスターしてきた。
私は、この計画を成功させることでしか、Atlas、そして日本人も生き残れないと思いました。

01.はじめに「社内英語公用語化」について思うこと
02.2050年の日本のGDP予測が意味するものとは?
03.グローバル化時代の経営システムに変化する
04.社内公用語英語化のオリジナルカリキュラム制作
05.ユニクロや楽天の社員の様々な反応
06.「グ口―ビッシュ英語」が社内の公用英語
07.なぜ社員全員で英語を習得する必要があるのか?
08.「社内英語公用語化」のプロジェクトチーム結成
09.「社内英語公用語化レッスン」の提供開始
10.本来、英語は自分でお金を出して勉強するべきもの
11.グループ会社特有の事業部・部署ごとの競争原理を活かす
12.TOEICスコアアップの成功事例を横軸に見てみる
13.50歳以上のシニア社員の英語に対するモチベーション
14.東日本大震災後の社内英語公用語化プロジェクト
15.言語とグローバル化のビジネスの関係
16.配属させずに英語学習させる方法
17.会社による学習サポートの充実
18.英語化プロジェクトは先行投資として考える
19.英語化はグローバル化本気度を示すメッセージ
20.TOEICのスコアアップができなかった社員達に伝えたこと
21.社内英語公用語化の中間報告えは『聞く・話す』が課題だった
22.英語の得意な人が評価される企業にはしない
23.日本にいながらメジャーリーグで試合ができる環境
24.社内英語公用語化に参加した社員の声①
25.社内英語公用語化に参加した社員の声②
26.日本企業が考えるべきM&Aのポイント
27.社内SNSも日本語と英語にしたことで効率化が進んだ
28.Atlasマンツーマン英会話の誕生秘話と英語
29.私の個人的な英語と外国語学習体験
30.Atlasマンツーマン英会話の次の目標
31.Atlasの対日本企業グローバル化戦略
32.Atlasのビジネスモデルを広めるため
33.語学スクールとインターネットは相性がいい
34.語学・英語力の強化は日本人の課題
35.日本人の欠点、それは英語のコミュニケーション能力
36.日本語⇔英語モードの切り替えが重要
37.日本語から英語に翻訳するな、コミュニケーションに力を入れよ
38.思春期以前(8歳~12歳)はバイリンガル化を目指せ
39.受験英語はすべてTOEFL受験にしたほうがいい
40.いますぐ文科省は、言語鎖国をやめるべきだ
41.英語化した後のノウハウはオープンにする
42.Atlasの今後の目標
43.最後にまとめると
生徒さんの声レッスン体験談

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.