Atlasマンツーマン英会話

外国語の勉強は楽しくなくてはならない|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > 語学は、Atlas独自のレッスンメソッドで学ぶと上達する!
> 外国語の勉強は楽しくなくてはならない

語学は、Atlas独自のレッスンメソッドで学ぶと上達する!

15.外国語の勉強は楽しくなくてはならない

多くの人が英語が上達しない原因の一つは、受け身の姿勢にあると思うのです。場所だけ決めて、高いレッスン料を払って、攻めた気になっている人が多いのですがそれは違います。考えることから逃げているだけです。

 

どのような教材を使って、どのような先生から、何を学ぶのか、まるっとお任せしてしまっているのです。自分が何をしたいのか、どういったことを勉強したいのか、どのような勉強がしたいのかは本来は自分で考えるべきものなのです。

 

先生は、あなたに道を示す人、指導者ではないのです。あくまで、あなたが行きたい方向に行くために助言する案内人なのです。指導者の人についていってしまうから、結局勉強がつまらなくなり、これ以上続けても意味がないと思ってやめてしまう人が多いのです。

 

それは、ずっとテレビを見ている人と同じです。与えられる情報だけだと飽きてしまうのが人間ですし、与えられることによって、目の前の課題をこなすことだけに集中してしまい、自分が何のために英語を勉強しているのか、わからなくなってしまいます。

 

頭を使う練習をしていないので、結局考える力もつかないから、いざネイティブの人と話をしたときに、話す内容を考える瞬発力がなくなってしまうのです。これが、英語が楽しくなくなってしまう悪循環です。

 

私は、正直、外国語を勉強したと言う感覚がありません。必要だから、調べる。知りたいから、調べる。調べたことを話したいから、練習する。悔しかったから、できなかったことをできるようにする。毎回、知的興奮や達成感を感じるので楽しいです。

 

通訳になる前、通訳一年目は、毎月15万くらいかけて勉強していましたが、今は全くコストをかけず、自分一人でブラッシュアップし続けています。それは、楽しくて、遊び続けている感じで、その遊びが仕事になって、仕事が猛烈に多い時や締め切りに追われているとき以外はやりたいことをどんどん実行していって、遊びながらお金をもらっている感じです。

 

子どものときは、おもちゃなんかなくても友達同士で色々想像力を膨らませて、次から次へと新しい遊びを作り出して遊んでいましたよね。それで遊びながら自然と身に付けて行った技術とか、あると思います。川遊びをしていたら、泳ぎが得意になった、魚取りが上手になったみたいな感じでしょうか。

 

遊びながら身に付ける。英語も本来そうあるべきなのです。あなたが好きことは何ですか?それはなぜですか?あなたが興味のあることは何ですか?それはなぜですか?あなたの得意な事は何ですか?なぜ得意なのですか?それを英語で言えますか?あなたがよく使う単語が意外と英語でなんて言ったらいいのか知らなかったりしませんか?

 

それを調べてみて下さい 関連することも、どんどん英語で知りたくなっていくはずです。あなたの好きな事だから、興味のあることだから、得意な事だからどんどん知りたくなりませんか?こんな感じでいいんです。分厚いテキストを終わらせなくても、興味のない長文を読まなくても、自分のやりたいことだけ英語で広げて行ったらいいんです。

 

そうしたら、あなたの好きな事で 日本にはまだ入ってきていない情報を見つけられるかもしれませんし、その情報がアイディアの種になるかもしれません。英語の勉強は、こんな風に楽しくないといけないんです。私は勉強の仕方ではなく、英語の楽しみ方をどんどんお伝えしていきます。  

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.