Atlasマンツーマン英会話

常識を打ち破ることを意図的に行う|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > 語学は、Atlas独自のレッスンメソッドで学ぶと上達する!
> 常識を打ち破ることを意図的に行う

語学は、Atlas独自のレッスンメソッドで学ぶと上達する!

16.常識を打ち破ることを意図的に行う

日本人が会話のキャッチボールを続けられないのは、話す内容を持っていないからです。あなた自身とあなたの国・文化について徹底的に話をさせられます。英語で会話をする時、日本についての知識が皆無の方もいます。

 

例えば、私たちもオーストラリアの首都や名物の食べ物などは、パッと出てこないですよね?それと同じで、日本についての知識が無い人と会話をするときは、自分が誰で、どんな文化背景で、どのような習慣を持っていてというのを説明しないと、会話が成立しません。

 

他の国の人たちは、即座に答えられる人が多いのに、なぜ日本人ができないのか。それは、私たち日本人が、自分を愛すること、自分の国や文化を愛することを教えられていないからです。

 

あなたが何が好きなのか、本当は何がしたいのか、何があなたの夢なのか?小さいころは自由に思い描いていた夢も進路、就職、と若い時から徹底的に、他の人と同じレールに収まることをよしとする社会では、年齢と共に自然と語ることがはばかられていってしまうのです。

 

教育の中で全ては「正解」と「不正解」の二つの選択肢しか与えられず、全く多様性を失ってしまったのが、私たち日本人なんです。既存の枠の中で、既存の選択肢から選んで、既存の価値観で人生を生きる。そうやって、日本人は自然と話す内容を失っていってしまったのです。

 

英語を学問ではなく、「コミュニケーション」のために使うのであれば、大きく言うとこの日本の習慣とか、既存のものであるとか、固定観念であるとか、それの全てに疑問を呈してそれを打ち破っていくエネルギーを持つことが必要なのです。日本の文化や習慣を否定しろと言っているわけではありません。

 

私たちが暗黙の了解で立っている「日本社会の常識」が 世界で通用するわけでは無いということを理解しておいてほしいのです。どの考え方が正しい、何が正解、これが当たり前、と言ったことを一度捨て去って下さい。そのうえで英語に向き合わないと、たとえ話せるようになっても色々なところでつまずきます。

 

全く価値観の違う人たちと会話する機会が無限に増えるわけです。自分たちが絶対に正しいという価値観を捨てないと、新しいものも吸収できません。新しい世界があるんだということ、そしてそこの人たちに自分のことを、自分の考えていることを自分のバックグラウンドをより正確に伝えること、何が正しいとか、何が間違えているとか、人と違うかもとかを考えずに自分の考えを素直に伝えること。

 

もちろん、全てを受け入れる必要はないです。自分が受け入れられないこと、自分が賛同できないことにはノーと言う権利もあるし、そういう人や事柄からはそっと距離を取ればいいのです。まず、ネット記事でも雑誌でも、ニュースでも映画でも、小説でも何でもいいです。

 

何も考えずに読むのではなくて、好き・嫌い 面白い・面白くないを、まず考える習慣をつけてください。そして、それが 好き・嫌い、 面白い・面白くない そして、その理由をしっかり説明できるように、ノートに書き留めておいてください。目的は自分の考え方の傾向を掴むためです。

 

自分をよく知ると、意見を問われてもすぐに反応することができます。そして、例えば事件のニュースでは、加害者の気持ち、被害者の気持ち、どうしてその事件が起こってしまったのかなどを考えてみて下さい。相手の気持ちを想像すると言うのは非常に重要なトレーニングです。

 

他人とのコントラストがしっかりとした自分像を作っていきますし、日常生活でも、相手の気持ちを想像すると言うことは必要です。正解か不正解か、常識を意識しすぎずに発言すること、それが大切なんです。

 

予想できるような答えを持たない、個性的な人の評価は高いのです。しかし、常識を打ち破ることを意図的にやっていると新しい世界が見えてきます。色々な要素が多ければ多いほど人生は豊かになります。実は、そうやって自分の内面を開放すると、自己肯定感が高くなります。

 

私も、生きにくかった思春期の時に外国語に出会って、新しい価値観がどんどん自分に流れ込んできてとても楽になりました。現状で行き詰っている人も、新しいフィールドに出てみると、視野が広がります。

 

英語を勉強だととらえてしまわずに、自分のフィールドを広げる娯楽だと思うと侮れない色々な効果が生まれてきます。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.