Atlasマンツーマン英会話

英語学習では必死になる必要はない|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > 語学は、Atlas独自のレッスンメソッドで学ぶと上達する!
> 英語学習では必死になる必要はない

語学は、Atlas独自のレッスンメソッドで学ぶと上達する!

17.英語学習では必死になる必要はない

英語を勉強することに深刻になりすぎるがゆえに、ストイックに勉強し続けるがゆえに燃え尽きてしまう人がいます。もしくは、真面目に勉強し続けなければいけないのにそれができず、プレッシャーに押しつぶされて、余計に焦って英語どころか自分まで嫌いになってしまう人もいます。

 

その人のレベルや、目的によって勉強の方法やアプローチが違うので、個別カウンセリングを受けていただくのが一番効果的なのですが、それよりなにより楽しみながら英語に向き合わないとつまらないですよね?TOEIC頻出単語集に出る単語なんて、無理に覚えなくてもいいんです。必要が無いのであれば、無理にTOEICなんて受ける必要も無いんです。

 

しんどいのに、無理してまで試験のためだけに勉強しなくてもいいんです。テストの点数なんて、結果論なのです。英語が好きで、自分が好きなものを調べたり、読んだり、話したり、書いたりしているうちに、あれ?と、自分の実力はいかほどのものか気になって、暇つぶしにふと受けてみたら何点でした、みたいなカンジでいいんです。

 

TOEICとか良い成績が取れなくて、泣きながら相談に来る人がいますが、それは目の前の点数だけを見て一喜一憂しているからですよね?そもそもあなたがTOEICを受けようと思った理由を思い出してください。

 

「一日勉強しなかったら一週間分戻る。」とか、よく言われますが、そんなこという人は信用しないでください!私なんて年単位で英語を話さない時期がありましたが、すぐに以前と全く変わらず話せました。

 

丸々一週間勉強しないことを避けるくらいの姿勢でいいと思います。自分の気分が乗るときにだけ、自分の好きな事を何時間もまとめて勉強する。それだけでいいんです。自分が他人と会話をするのって、自分のこと、自分の好きな事の話をすることが圧倒的に多いので、あなたにとって必要なボキャブラリーは、あなたの好きな事についてのボキャブラリーであって検定頻出単語ではないのです。

 

あなたが話す必要に駆られるもの、それがあなたにとって必要な語彙なんです。大人になってからの勉強は、楽しむためのものです。無理に詳しくない経理関連の英語とか、政治のこととか、話せなくたってあなたは困らないんです。だから、娯楽だと割り切って必死にならないこと。それが何よりもの上達の近道、続ける近道です。

 

続けるためには精神論では無くて、Facebook等を上手に使って、情報がどんどん飛び込んでくる状態を作ればいいだけなんです。英語はコミュニケーションツール。必死になりすぎて、英語が嫌になりそうなら、原点に帰ってみて下さい。

 

英語の勉強をしないのが不安ならば、英語を勉強し始めた時に大好きだった映画でも観てください。聞き取れるフレーズが増えていて、新しい発見があると思います。そして、その聞き取れたセリフを登場人物になりきって、自分のものになるまで繰り返してください。

 

今日はそれだけでもいいんです。とにかく楽しめないと、続かないし頭に入らないので、とにかく気軽に取り組んでください。ちなみに私は、飽きっぽいし、根性無いし、努力嫌いな、社会不適合者です。

 

そんな私でもなぜ外国語をたくさん習得できたのか?それは、私にとって、語学がただの勉強ではなかったからです。何より、外国語が好きだから。外国語が私に見せてくれる、言葉のその向こうの私の知らない世界を見ることができるのが たまらなく好きだからです。

 

あなたにも、その知的興奮を味わってほしいから、そのツールとしての外国語を楽しく習得してほしいから、私はせっせとこのコラムを書いているのです。必死にならないでください。そして、真剣に勉強する人は、みんな通る道だからです。力を抜くこと、遊ぶことは 頑張ることと同じ以上に大事な事です。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.