Atlasマンツーマン英会話

英語学習を完成させる生活英語|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、栄や金山エリア、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > Atlasコラム一覧 > TOEIC L&Rテストで英語の4技能を効率的に学ぶ
> 英語学習を完成させる生活英語

TOEIC L&Rテストで英語の4技能を効率的に学ぶ

14.英語学習を完成させる生活英語

英語圏に短期(たとえば数か月)の語学留学をした人たちは、帰国後に口をそろえて次のように言います。留学中に自分の語彙数がそんなに増えたとは思えない。文法力が格段についたわけでもない。でも、自分の英語力が伸びたことははっきりと実感できる。ここでいう「英語力の伸び」の要因は何でしょうか。

 

「FSIの調査による言語能力習得に必要な時間」のところでも述べたように、数か月の短期留学では、なんとなく英語の感触が得られるくらいの学習時間ですから、確かに、語彙数も増えませんし、文法力やリスニング力もそんなには伸びません。

 

それでも英語力が伸びたという感触が得られたのは、それは、ずばり「生活英語力がついてきたから」だと言えます。「生活英語力」が少しついてきたことによって英語力が伸びたという感触が得られたのです。

 

生活英語には難しい単語も文法もイディオムも使われていません。ですから、この英文の意味が分からないとしても、語彙力不足や文法力不足ではありません。それなのに意味が分からないとしたら、何が原因でしょうか。それが「生活英語力不足」です。

 

このように、英語圏の人たちが生活の中で無意識のうちに身についている、習得言語知識とはちがう知識のことを、ここでは「生活英語」と呼ぶことにします。

 

私たちは、学校の授業では普通、日本語を使って英語を習います。日本語を使って教えるのは、数学や社会、理科などほかの教科も同じです。違うのは、英語が言語だということです。

 

言語とはそもそも、それを使って情報(知識)を仕入れるためのものです。言語とは、ある程度の学習が進めば、それ自体が学習の目的ではなく、その言語で表現された情報を得るための「手段」となるべきものです。

 

しかし、学校教育での英語学習は、手段ではなく知識を得ることが目的です。それはテストがあるからです。 最初は知識英語としての学習からスタートしますから、その知識を意識しながら学習を進めるのはやむを得ないのですが、ある程度のレベルになったら「生活英語」に移行しないと、いつまで経っても英語学習は完結しません。

 

日本の学校英語や、留学の場合の知識英語と生活英語の割合、そうした割合が英語力アップに与える影響などを考えてみましょう。日本の学校英語の場合 学校英語は、テストがあることがいちばんの問題です。テストがある限り、知識英語から脱することがなく常に英語の知識を意識し続け、知識を意識する限り「無意識に手段として英語を使う」ということにはなりません。

 

英語の知識の積み重ねは重要で、ある程度の知識がないと生活英語も理解できませんが、知識の積み重ねだけでは、私たちが日本語を使うときのように無意識の使い方にはなりません。詰め込んだ知識から、常にその場に必要なものを緊張しながら選び出さなければならず、疲れます。

 

英会話スクールの場合。 英会話スクールでは、基本的に話すことを主として教えますから、学校教育のような知識英語がグンと減ります。レベル分けなどはありますが、学校のテストのような緊張を強いる準備を必要としないため、生活英語の割合が増えます。それでも、「勉強」という意識が続く限り、生活英語の割合が知識英語を上回ることはありません。

 

留学の場合。 冒頭で述べたように、「語彙力や文法力が特に伸びたとは思えないのに英語力が伸びた」というのが、留学や赴任で海外に滞在する人たちが感じることです。ネイティブ・スピーカーと同じように「生活」しているわけですから、生活英語の割合が高くなるのは当然です。

 

語学留学の場合は知識英語も含まれますが、生活英語の割合がそれをかなり上回るため、「英語力の急速な伸び」を実感できるわけです。大学や大学院への留学の場合は、英語で情報を得、そしてそれを発信するということになりますから、生活英語の割合がネイティブ・スピーカーと同じように100%に限りなく近くなります。

 

「生活英語がそんなに重要で有効であれば、単語や文法などの知識英語の教育をやめて生活英語だけを教えればよいのでは?」という声もあるでしょう。ネイティブ・スピーカーは実際そうしているわけですから。 しかし、これには気の遠くなるほど膨大な時間が必要です。

 

もし、生活英語だけで英語を習得するとなると、ネイティブ・スピーカーの小学校1年生のレベルになるまでに6年を要します。それも、1日あたり12時間以上です。つまり、6年×365日×12時間=26,280時間 が必要です。これを学校で、週に3時間ずつやったとしたら30年くらいかかる計算です。

 

今は、高校でオーラル・コミュニケーションの授業をしたり小学校から英語を教えたりという流れになってきていますが、いかんせん、時間が少なすぎます。 私たちは、学校での英語学習という知識英語から入るわけですが、生活英語の学習だけより、実はこのほうが早道なのです。

 

問題は、知識英語だけにとどまっていたり生活英語への移行があまりにも早すぎたりと、中途半端になってしまうことです。語彙力をつけ、文法をしっかり勉強し、確かな読解力をつけてから生活英語に移行するのが効果的です。

 

英語圏に長く住んでいる人は、つづりを知らない単語でも聞き取ったりしていることがありますが、日本に住みながら知識英語から英語学習に入った私たちは、読めない文や単語は聞き取れないのが普通です。

 

ですから、しっかり読めるようになってからリスニングの練習に入らなければならないのです。読めないうちから英会話の勉強をいくらやってもあまり伸びが見られないのは、それが原因です。まず読む。そして聞く。書いてみる。それから話す。これを常に頭に入れておきましょう。

 


 

東海林勇樹(しょうじ・ゆうき)
北海道札幌市生まれ。地元の札幌南高校を経て、北海道大学文学部卒業。アメリカで言語学を学んだ後、Atlasマンツーマン英会話に勤務。幼児用英語教材から一般英会話スクール用教材、大学教科書まで幅広く執筆・編集をしている。TOEIC関連・英語教育関連の書籍やコラムを手がけている。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.