Atlasマンツーマン英会話

ピーター・ヨネナガ社長からのメッセージ|Atlasマンツーマン英会話R

札幌駅、大通、東京、横浜、名古屋駅、栄、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム >ピーター・ヨネナガ社長からの本日のメッセージ

 Atlasマンツーマン英会話ピーター・ヨネナガからのメッセージ

2017/10/31

最近の中国の動きは本当に早いと思います。これから主要通貨になる仮想通貨にもいち早く反応し、形はどうあれ普及させています。それに比べ日本は本当に新しい価値観や新しい切り口に臆病で、いまだにビットコインをギャンブルなどと勘違いしてる人も少なくありません。

これからは時間をお金で買う時代になります。いちいち電車乗って時間合わせて大手英会話スクールのグループレッスンを受けるのではなく、Atlasのようなマンツーマンレッスンを受けた方が便利なはずです。しかもアメリカ人やイギリス人のネイティブ講師を独り占めできます。

新しいものに敏感に反応し、便利なものはどんどん取り入れていくべき時代です。その対応力に優れた中国人を古い考えのままに毛嫌いしたり、下に見るような習慣をいち早く捨てた方が良いでしょう。

2017/10/28

-------------------------------------------------------------------------------------------

◎英語が話せるようになる「特別な方法」がAtlasにはあります!

-------------------------------------------------------------------------------------------

以前、体験レッスンを受けられた方向けに、Atlasマンツーマン英会話では、再体験レッスンのご紹介をさせていただいています。

「Atlasのマンツーマンレッスンがとても気になる。でもまだ心のハードルが・・・」

そうお悩みの皆様!

まずは完全無料の「体験レッスン」にお申込みされてはいかがですか?

(コチラからどうぞ!→http://peters.jp/trial/)

英語やその他10カ国語のレベルチェックや学習方法のカウンセリングなどが無料で受けることができます。

「なるほど!そういうことだったのか!」
「もっと詳しく知りたい!」

会員の皆様からは続々と喜びの声が届いております。

「世界が変わり、日本が動く今、だから」

Atlasの「無料体験レッスン」に是非、今すぐお申込み下さい!

2017/10/27

「おだて」、「そそのかし」、「警告」を交互に使い分けて、相手を自滅に誘い込んでいくというのが欧米のグローバルエリートらの常套手段です。

この方法はアメリカでは、増加的アプローチ法と呼ばれています。「恫喝」と「懐柔」を少しずつ変化させて行っているので、国民は痛みを麻痺させられてしまうのです。まさに、真綿で首を絞めあげる手口です。

彼らは、善人とはほど遠い存在で両建て(ヘーゲルの法則)に長けた使い手です。必ず二つの選択肢を用いてどちらかを選ばせます。しかし、実はどちらも同じ目的のためにつくられています。

2017/10/26

政府が提唱する外交や経済政策、そして金融政策までも嘘ばかりになっています。安倍政権が5年間でやってきたことは、憲法違反と軽率な見込み違いの連続です。

アベノミクスのほとんどが失敗でした。後世になってみれば、「日本経済破壊の前振りの5年だった」と評価されるでしょう。

それでも、政治家もマスメディアも日本国民に真実を伝えようとはしません。なぜなら、彼らはすでに国際金融資本(グローバルマクロ)の土俵の上でしか思考ができないように、生まれついたときから深い洗脳にかけられているからです。

2017/10/25

英語を習得するには、「正しいやり方で、長期間継続すること」が必要不可欠です。

米国国務省外国語研究機関(The Foreign Service Institute)の研究結果を引用すれば、日本人が英語を習得するには2,200時間が必要であると考えられ、単純に学校での学習時間1,000時間をひいても1,200時間も足りていません。つまり毎日1時間やっても1,200日、約3~4年かかる計算です。

一方、日本人は、「言語は机上の学習や会話のみを通して習得可能」という考えに陥りがちですが、LINEでのやりとりでも、一人で物思いにふける時でも、寝ている時以外は何かしらの言語を使っており、その時間も十分言語習得に活用出来るはずです。

つまり、起きている時間をフル活用し、正しい言語習得メカニズムの中で、言語を習得するプロセスをストレスのあまりない形で習慣化させることが私たちAtlasの考える最短距離であり、それは間違いなく可能です。

2017/10/24

会員制語学スクールの経営者として言わせていただきますと、現行のセンター試験の英語科試験はクオリティーは高いと思います。英検もまずまずのクオリティーだとは思いますが、センター英語には到底敵いません。

ただ、まずまずのクオリティーだからこそ英検は年間で何度も開催できるわけです。センター英語は、クオリティー自体が緻密過ぎるので年に何度も開催できないのでしょう。ちなみにTOEICやTOEFLを高校生の外部試験として推す人は間違っていると思います。

そのような人達は、そもそも高校生についての知識と英語学習についての知識が不足し過ぎていると思われます。

2017/10/23

自民党と公明党が衆院総選挙で大勝しました。安倍政権は当面の間、続投となり祝勝ムードが与党側では広がっています。しかし、そのままで済むわけがありません。選挙と株価の異常な上げは強烈になりすぎると暴落の契機になります。

なぜなら、過剰ポテンシャルが加わるからです。結果、政権も株価も大暴落となり、奈落の底に文字通り落ちることになります。その階段を一つ一つ上がっていくことほど恐怖に感じることはありません。昨日(22日)に実施された衆議院総選挙の投開票の結果、与党が大勝したことを受け、円安が3か月ぶりに1ドル=113円台後半にまで進展しました。

日本株市場を巡り、衆議院総選挙の結果を待って株価が続伸することがあらかじめ分かっていましたが、表面的な政治家レベルの上での出来事はいずれも決定的な意味を持たず、あらかじめ既定路線だったことが分かります。

今後、11月後半頃より北朝鮮を巡る地政学リスクが本格的に炸裂し、結果として日本発の世界同時株安が発生する可能性があり、大勝したはずの安倍首相が引き続き総理大臣としての地位を維持することが出来るのかを注視すべきです。

その意味で、他者との比較するだけの民主主義をベースとした政治レベルで起きた出来事は本質ではないことを知っておくべきです。なぜなら、政治家というのはふとした拍子に落下するものだからです。

そして今回の流れの中でもその落下は次のタイミングでは余りにも巨大な波となって訪れることが、目に見えて感じ取ることが出来ます。

2017/10/22

最近、多くの大学院生は修士論文に何を書いたらいいのか分からないようです。指導教員は何も指導せず、締め切り前なのにほとんど白紙で何も書けていないという話が聞こえています。

これと全く同じ状況で友人の子どもさん達が悩んでいるようです。友人は教授が悪いとかなり文句を言っていますが、根本的なところがズレているように思います。なぜなら、論文指導というのは1から10まで手取り足取り教授が指導するものではないからです。

少なくても私の過ごした学生時代(カリフォルニア大学)は違いました。大学院まで行ったのは勉強したいことがあるからだと思いますが、何を勉強したのかの集大成が卒論であり、修士論文なのです。

医療にしても、経済にしても、教育にしても、そもそもなぜその職種に就きたいと思ったのかがよく自分でもわかっていないのではないでしょうか。

2017/10/21

「Why(なぜ)?」という問いのない社会」の日本の教育では、終身雇用だから何も考えずに大企業に行くことになり、そのために何も考えずに有名大学に行くことになり、そのために何も考えずに受験勉強する教育体制になっています。

それは他国のイノベーションを真似して何も考えなくても人口も経済も増加していた戦後だから成り立っていただけで、人口も経済も縮小するこれからは個々人が自分の頭で考えて、自らイノベーションを起こす事が必要となります。それには自分の頭で考える教育体制が必要だと思います。

2017/10/20

本気で日本の貧困化を止めたいのであれば、日本の中央銀行である日銀を国営化し、円の発行を即刻停止すると同時に政府紙幣で一時的にでも代替えし、その間に富の再配分を根底から構築し直すことしか方法はありません。

つまり、ベーシックインカムのような富の再配分が避けられないなら、日本政府は自立した国家として国民主権の下で民主的な議論を経た後、決めるべきです。それを、世界政府に生殺与奪を握られ、奴隷そのものの暮らしを強いられる前に毅然として自主独立の道を確立しておくしかありません。

現在のところ、この方法でしか日本の貧困化を止める方法がないということを、日本人は今こそ肝に命じるべきです。

2017/10/19

ベーシックインカムとは、世界政府を樹立するためにうるさい人民をどうやって大人しくさせたらいいか、という戦略から出てきたものです。しかし、日本の多くのメディアではこのベーシックインカムに飛びついています。決して確かめもせずにベーシックインカムの世界が素晴らしいと言っています。

一方、日本の経済学者たちはベーシックインカムがどんな方法で支給されるのかについては関心がないようですが、これは仮想通貨を利用すると考えられます。おそらく、「1円=1ポイント」で為替がペッグされた仮想通貨で、分散型台帳に個人のトランザクション情報が記録される三菱UFJ銀行のMUFGコインのようなものになるでしょう。

あるいは、みずほ銀行や野村証券を中心とした日本の銀行連合によるJコインかもしれません。最終的には、三菱東京UFJ銀行のMUFGコインもここに統合されていくのかも知れません。いずれにしても、ブロックチェーンによってベーシックインカム受給者の行動が1年365日24時間、すべて監視されるというわけです。

2017/10/18

「それはAI(人工知能)だから…」と、小池百合子氏は唐突に言っています。そして、「ベーシックインカム導入検討の根拠はAIの存在があり…」とも言っていることでやっと本音が出てきました。

小池氏に与えられたアメリカのディープステートからの本当のミッションは、ベーシックインカムによって日本の99%を完全に奴隷にして大人しくさせることです。しかし、「世界の他の国でもベーシックインカムの導入が検討されているから、そしてAIによって仕事が少なくなるから…」というのが小池氏がベーシックインカムを主張する理由だそうです。

国家の政策として、他国もそうだから、では理由にはなりません。つまり、小池氏はベーシックインカムについて論理的に説明できないわけです。そもそも彼女は、過去、一度として政治家として発言したことがありません。

2017/10/17

アメリカのトランプ大統領は反グローバリストですからTPPに反対し、世界政府のパリ協定に反対し、NAFTAにも反対しています。

さらに、単なる債務(借金)である米ドルの発行を100年以上にわたってアメリカ国民の貧困化を推進してきた連邦準備制度(Fed)の廃止を訴え続け、社会主義への罠であるオバマケアの廃止を訴えてきました。

そして、アメリカの奥の院であるディープステートに完全に乗っ取られてしまったワシントン全体に対して決死の覚悟を持って反旗を翻しています。このディープステートがアメリカを支配していることを理解している人々からすれば、トランプ大統領はアメリカ憲政史上始まって以来の矛盾のない大統領と言えるでしょう。

2017/10/16

国際銀行家の資本によって支援されてきた組織、グループ、個人こそがグローバリズムの推進母体になっています。

もはや、共産主義政党は道具としての共産主義でしかなく、かなり前に歴史的使命を終えています。日本の共産党も脅威とはならず、完全に無害化されてしまったどころかその存在理由すら怪しくなっています。

しかし、日本人の多くはいまだに「右翼と左翼」という二元論を手放すことなく、自分に有利な論陣を張るためだけに利用しています。まず、世界で起こっていること、これから起こること、そして、目前に迫っている日本の選挙の結果を占うためには、こうした善悪二元論的歴史観の宗教呪縛から逃れなければなりません。

まず、「右翼と左翼」という二元論から脱出して、世界で起こっている様々な事象を正確に捉えることができるようになるために、「右翼と左翼」の横軸ではなく、「グローバリズムと反グローバリズム」の縦軸を中心に回っていることを理解すべきです。

2017/10/15

これまで見てきて、小池百合子都知事というのは政治家ですらないように思います。現に今まで、小池氏の議員としてのキャリアは、あちらこちらの権力者の間を渡り歩く議員人生でしかありませんでした。

まるで興行師や大道芸人のように人気取りやイベントを仕掛けて人々を巻き込むためなら容赦なく人を切り捨ててきました。ところが不思議なことに、永田町では「彼女は度胸がある」と称賛されてしまいます。

小池氏は、これだけ長い間国会議員を努めながら、経済や外交などの知識が驚くほどないようです。そもそも勉強もしてこなかったのではないでしょうか。ディベートでは、100%負けることが分かっているからこそ話をはぐらかすテクニックだけは磨いてきたように思います。

このように、日本の有権者なら簡単に騙すことができますが、国際会議や欧米メディアのジャーナリストたちの直球の質問には何も答えられないはずです。

2017/10/14

中央銀行システムのドル、ユーロ、円は、政府が発行した国債を民間銀行から引き受けて、その分に応じて発行される通貨ですから、すでに借金証書だということが分かります。円は発行された時点で、政府が国民から借りている借金が反映されています。

中央銀行システムを採用している国で、法定通貨であると定められた通貨を使っている国民は、マイナス金利と同じ効果を持つ増税通貨を使うことを強制されているわけです。

日本を含め、世界中で貧困化が止まらないのは、少子高齢化による消費の減退が原因ではありません。政府の赤字国債の発行と中央銀行のマイナス金利上乗せシステムによって、私たちの労働の対価が一時も止まることなく減価されているからです。

2017/10/13

国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事が、「銀行業は終わりを迎え、暗号通貨が勝利する」と、マスメディアに述べました。

また、国際紛争とリンクさせながら莫大な資金を集めてきた世界の投資銀行大手のゴールドマン・サックスは、「ビットコインを使った取引に参入する」と表明しています。

さらに、日本の投資銀行最大手の三菱UFJグループが今年中に発行を予定している独自の仮想通貨MUFGコインの実証実験が終わり、幕張メッセでデモンストレーションを行っています。

これらは、金融機関の姿を一変させてしまう変革期の訪れを決定づける報道であり、IMFが銀行業に終わりを告げ、ゴールドマン・サックスや三菱UFJが仮想通貨を使った取引に参入するということは、世界中の銀行家たちがドルや円、ユーロなどの紙幣を廃止したいということを意味しています。

これから、私たち日本人の生活設計は否が応でも変更せざるを得なくなりそうです。

2017/10/12

安倍政権は自分たちの政策が上手くいっていると国民に思わせるために、アメリカ政府がやっていることをそっくりそのまま真似しています。アメリカと同じように失業率や有効求人倍率に関して総合的なデータを発表することで、問題点を隠し、まるでアベノミクスが成功しているかのように見せるカラクリを導入しています。

収入が減り続ける中で日本国民の生活は益々厳しくなっています。求人倍率が高いということと国民の生活が豊かになることは関係ありません。求人倍率が多いところは、離職率や応募率の低い業種や職種になっています。

誰でもそんなことは分かっていますが、働きやすい会社は社員が離職しないため求人広告を出しません。頻繁に求人広告を出している会社で働いても誰も長続きすることはありません。うつ病になるよりもいち早く辞めた方が身のためです。

2017/10/11

小池百合子氏が言った言葉、「この選挙はアウフヘーベンです」というのは、ヘーゲルの弁証法のことです。

安倍自民党に投票しようと、小池新党に投票しようと国民の運命は同じ憲法9条改憲です。しかし、安倍首相のアメリカ・ディープステートに対する面従腹背を感じ取った外交問題評議会(CFR)は、対抗馬に小池百合子氏を用意したということになります。

この流れは今のところは小池氏に傾いていますが、安倍政権が延命する結果となっても外交問題評議会(CFR)のコントロール下に置かれるはずです。だから、表面的には小池新党と安倍政権との連携は必要ありません。

2017/10/10

アメリカ空軍のB1戦略爆撃機が北朝鮮の領空内に侵入しましたが、北朝鮮軍がそれに気づくことなく無反応であったことから、北朝鮮の防空レーダー網は機能していないことが分かっています。

いずれにしても、金正恩をターゲットにした空爆に踏み切る用意が出来ているとのサインを北朝鮮に与えることでアメリカはかなりの成果を上げたようです。

その後、近いうちに太平洋で水爆実験を行う、という北朝鮮の挑発は止んでいます。北朝鮮では、これ以上のアメリカへの挑発が命取りになることを認識しているかどうかは分かりませんが、しばらくの間は沈静化のムードを演出しようとしていることが分かります。

2017/10/7

公務員や官僚、政治家にはわからない世界かもしれませんが、一人で独学ができないから英会話スクールや家庭教師があるわけです。そして、学校というものは案外面白いところでもあります。

英語の必要性がなければモチベーションは上がりません。やらざるを得ない状況に追い込まれればなんとかなるものです。その環境作りをAtlasマンツーマン英会話がお手伝いするということで、自分で自習できない方には向いているわけです。

意志の弱い人は、仕事で英語を使う必要に迫られないと一生出来るようにならないでしょう。

2017/10/6

今後、人間の方が人工知能を頂点とする最先端テクノロジーに否が応でも合わせなければならない社会がやって来る可能性があります。それは、経済やビジネス、個人のライフスタイルに至るまで、空前のパラダイム・シフトをもたらすことになります。

世界の大半の人々が、この第四次産業革命の大波に上手に乗ることはできないはずです。この人類文明の変革では主導的役割を果たすことのできる人々は、1%の中の、さらに1%に満たないごくごくわずかな人々です。

いずれにしても、それは確実にやってきます。もうすぐ目の前まで来ているのですが、変化のセンサーが錆びついてしまっているほとんどの人の目には映っていません。

2017/10/5

Atlasマンツーマン英会話に通った多くの方が、「どこ行ってきたの?アメリカ?」と言われるくらい英語を話せるようになったのを確認できましたが、「英語の勉強をやめた瞬間から話せるようになった」と彼らは口々に言います。

英語の勉強だと思ってるうちは、よほど勉強好きでないと伸びないと思います。もっと英語を話すことを楽しみ、文法や語彙力がどうのこうのではなく、「あの人に話しかけたい!!」程度で良いわけです。

要するに、英会話スクールも通わなくても、そこで英語を教えている英会話スクールの先生と友達になってしまえば良いわけです。もっと肩の荷をおろしてリラックスして英語を話してみましょう。

2017/10/4

追い詰められた国の解決策は戦争しかありません。恐らく、世界で一番好戦的なアメリカと日本の政治家は、戦争をしたくてたまらないようです。

戦後、もっとも危険な政権の一刻も早い自民党の退場を今回の選挙で望んだとしても、結局、希望の党も自民党と同じことをしようと考えているので投票先がないことが分かります。しかし、信じられないことに、若い世代こそが間違った愛国主義に洗脳されて戦争も辞さずの構えになっています。

彼らは、自分が戦場に駆り出されて、その日本人特有の貧弱な体がハチの巣にされることなど、まったく想像していないようです。本物の戦争はゲームではありません。

2017/10/3

1日3時間を英語学習に捻出するハードルは高いですが、それくらいの時間を割かなければ、英語は習得できません。そのためには3ヵ月という期間も重要で、3ヵ月、12週間だけなら、頑張れば誰でも集中して打ち込めます。

加えて、短期集中型の英語学習には、記憶が定着しやすく、短期間で成長を実感できるというメリットもあります。日本の大学の第二外国語教育も、コマ切れで2年も学ぶのではなく、アメリカの大学のように1クォーター(3ヵ月)に集中するというスタイルの方が語学力は上がると思います。

2017/10/2

真実を伝えるということは難しいことです。なぜなら、多くの人々がしがみついている思考の枠組みを打ち壊すことを意味しているからです。今の時代は真実を言えば言うほど猛烈な反発を受けることになります。しかし、それでも誰かが真実を言わなければいけません。

世界や日本で起きている本当のこと、それに関連する語学学習の目的や方法など、それを今だからこそ行っているのが私たちAtlasマンツーマン英会話なのです。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.