Atlasマンツーマン英会話

中国語コース(シンガポール人の特徴・人間関係やコミュニケーション法について)|Atlasマンツーマン中国語コース

札幌、東京、横浜、名古屋、栄、大阪梅田エリアのマンツーマン中国語


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 中国語コース

マンツーマン・中国語コース

 

中国語コース
ポイント
ポイント1 マンツーマン60分でしっかり指導
ポイント2 レッスン料は毎回払い
ポイント3 ベテラン講師による上達優先指導
ポイント4 細かい発音の違いを丁寧に解説
ポイント5 語学のみならず、文化や習慣も学べる
シンガポール人の特徴について

現代の先進国の文化というのは、グローバル化により世界的に似たようなものになっていますが、日本と比べるとシンガポール人ビジネスパーソンや特に若い世代は、他の文化出身の訪問者との交流を経験したり、取引をしているように思います。

だからといって、必ずしもシンガポール人がオープン・マインドだというわけではなく、シンガポールへ旅行や留学、移住、そしてビジネスなどをする際、彼らの方法で事を運ぶことを期待する人も多くいるわけです。それほど国の歴史や重要性について敬意を表すことはとても大切だといえます。

シンガポールの人口の約75% が中国系で、残りは主にマレー系かインド系という構成になっています。彼らはこれまでお互いに共通の価値を発展させてきましたが、それぞれの文化の影響は強く残っており、多元的な文化を持っています。

ここでは個人の文化的嗜好は別にして考えることにさせていただきます。人口比率や歴史的な背景から、シンガポールでは中国系がこの国のビジネス文化を支配していることに間違いありません。

シンガポールは他のアジア諸国と比べて欧米化が進んでいるように感じることがありますが、それ は誤解かもしれません。一方、特に若いビジネスパーソンは他国の文化との交流を多く経験しています。

彼らの多くは柔軟でオープン・マインド、そして外国人とビジネスをすることを熱望しています。しかし、この国のビジネス文化はかなり民族資本主義的です。同じ民族グループの人々は、部外者の人よりもお互いを本質的に信頼しています。また、以前は外国人に対する一般的な先入観がありましたが、徐々になくなってきています。

シンガポール政府は、事実上のパターナル(温情主義)であり、リベラルではないと考えられています。シンガポール人は他国の人々に比べて、生活や仕事についてあまり心配する必要がありません。

それによって彼らは創造的に考える特徴があり、現状に挑戦することをしない傾向があります。彼らが豊かに暮らす快適な領域から外に出して物事を探求させるには、刺激が必要になるかもしれません。

シンガポール人の人間関係

一般的に、シンガポールの文化はグループ(ファミリー)を大切にし、グループへの帰属意識を強く持っています。規範に倣い、メンバー間の和を保つことに比べ、個人の嗜好はあまり重要ではないと考える傾向があります。そのため、他のアジア諸国と比べて重要度は低いですが、長続きする 人間関係を築くことはとても大切です。

人間関係の構築プロセスがまだ進行中であっても、一部のシンガポール人とはビジネスをすることはできます。しかし、取引することよりも先に強い関係を築くことを期待する傾向があります。

真剣なビジネスの議論を進めるより前に、シンガポール人の相手にあなたをよく知ってもらい、慣れてもらう時間をつくると効果があります。なぜなら、相手はあなたに対して、何年間も長期的な関係にコミットすることを期待しているからです。

欧米諸国とは違い、シンガポールでのビジネスは会社間というより、むしろ個人やグループ(ファミリー)に存在しています。したがって、もしあなたの会社の担当者を入れ替えた場合、人間関係を新たに構築する必要があります。

シンガポールでは、「面子を保つ」ことが重要です。いきなり間違いを正したり、年上の人や上司に同意しないなど、他人に恥をかかせることは関係者全員の面目を失わせ、ビジネスを破綻させてしまう可能性があります。

個人の感情をコントロールする能力といつも友好的でいることは、評判や社会的地位に深くかかわっているのがシンガポール文化です。もしあなたがある人に対して好ましくない話をしなければならない場合は、公の場ではせずに、その人の自尊心を保つような方法を伝えてください。

シンガポールでは、「遠慮」と「機転」はとても大切だと考えられています。冷静さを保ち、決して怒っていることをオープンにしてはいけません。

シンガポール人は、一般的に友好的で礼儀正しい特徴があります。とはいえ、これは彼らのビジネスの目的到達には影響せず、彼らは根気強く目標を追求する特徴があります。

シンガポールのビジネス文化では、香港などと同様に、主に「地位」や「役職」、「年齢」、「功績」、そして「学歴」によって尊敬されるかどうかが決まる傾向があります。高い地位のリーダーは多くの場合、高齢者で構成されています。そのため、年長者には最大の経緯を払うことがとても大切です。幹部レベルは長時間のハードワークが当たり前になっています。

シンガポール人のコミュニケーション

シンガポールの公用語は「中国語」、「マレー語」、「タミル語」、そして「英語」の4言語です。シンガポールには文の構造や文法の点でアメリカやイギリスなどの英語とは少し違い、間を埋めるために語尾(lah、leh、hor、meh)を使用する「シングリッシュ」として知られている英語の独自話法があります。

多くのビジネスパーソンは流暢な英語を話し、物分かりがよく、理解してもらえ易い傾向があります。通訳が必要になることはまずないですが、英語で会話する際には、専門用語やスラングの使用は避けてください。

英語があまり堪能ではない人と話す時は、ゆっくり重要なポイントをまとめながら翻訳するための間を空けて話すと良いでしょう。

さて、皆さんは中国語や英語に興味が持てたでしょうか?

シンガポール人と上手く付き合い、旅行を満喫する、ビジネスなどで成功する、恋人になる、パートナーを組む、留学なやホームステイなどでコミュニケーションをとる、など、人によって活用は違うと思います。

しかし、共通しているのはお互いを理解し、尊重し、理解し合うことではないでしょうか。そのためには、お互いの背景をあらかじめ知った上で、双方で対話することが必要です。

中国語や英語コースのより詳細については、次のページにありますので、是非お読みになっていただき、感想を教えていただければ幸いです。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.