Atlasマンツーマン英会話

無料体験レッスンコラム8|Atlasマンツーマン英会話

札幌、東京、横浜、名古屋、大阪梅田エリアのマンツーマン英会話

Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 無料体験レッスン > 無料体験レッスンコラム8

無料体験レッスンコラム8

「グループレッスンで英語が得意な人の前で英語なんて話せません」

英会話のグループレッスンではレベルチェックが正確に評価されずに無理やり上のクラスに入れられてしまうことが多々あります。英語が私より上手な人の前では英語を使えないというその気持ち、よくわかります。

あるビジネスマンの生徒様から聞いた話ですが、国際的な展示会があって、彼以外の日本からの参加者の多くは留学経験者。ネイティブスピーカー同様に英語を流暢に話す彼らを見ていると、とても彼の英語を披露する気はなくなってしまったということです。

そのうち「これじゃ、最初から私が話すより通訳してもらった方がいいや」と投げやりな気分になり、そうすると簡単な英語さえ話せなくなったり…。

でも、プロの通訳でもない限り、やっぱり自分の思いを的確に伝えてくれないんですよね。そのうち同行の若い社員が、「英会話は苦手だったのですが、留学先でマリオブラザーズの話を振ったらアメリカのオタクたちが必死で耳を傾けてくれたんですよ。要は相手を聞かせる気にすれば、発音や文法なんてどうでもいいんですよ」とアドバイスしてくれたそうです。

そこで彼は、「ニンテンドーDSって知ってる?」「オタクって言葉、あなたの国にもある?」と得意の話題をつたない英語と身振りで振ってみることに。そうしたら、多くの外国人ビジネスマンは「私の国にもニンテンドーはあるし、オタクはたくさんいるよ」などと、次々に会話に参加してくれたのです。

……個人的な体験談が続きますが、英語を上手に話せる人の前で話せない恥の意識が妨げになっているのですね。ここで「恥を捨てなさい」と言っても、もともとシャイな日本人にはかなりムリなんですね。

でも、発音やボキャブラリー、文法のどれか、あるいはそれ以外でも何かひとつでも自信が持てれば、自分の中にある恥の意識は目立たなくなります。正攻法でいくなら「私は発音は良くないけれど、時事的な単語だけは確実に知っている」と英語の内部で自信を持つか、あるには「ヨーロッパサッカーの話になったら他のだれよりも負けないくらい、情報は持っている」と英語以外の話題や知識で勝負するか。英語がうまい人はそれだけで話題も豊富な人に見えますが、よく考えてみたら何でも知ってるわけではありませんからね(笑)。

たとえ、英語の達人の前で電話しているときにあなたが「ア~、ア~…」と詰まっても、その中にキラリと光る一言や相手を「ホホウ」とうなづかせるテーマがあれば、英語の達人たちも一目置くはずです。そのときの彼らの「おお!」という顔を一度でも見れば、それからは彼らの前で「ザット・イズ・ア……」みたいな発音でたどたどしく話すのも、不思議なくらい恥ずかしくなくなると思います。

一芸入試ならぬ一芸英語。一度試してみてください。もちろん、Atlasマンツーマン英会話で外国人を目の間にしても緊張するどころか、日本人の英語の達人を何とも思えなくなるほど慣れていくはずです。是非体験レッスンから!

恥の意識は捨てるのではなく、一芸で消すこと。一芸は、単語力からトリビアまで可能です。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.