Atlasマンツーマン英会話

会社概要|Atlasマンツーマン英会話

札幌駅、大通、横浜、名古屋駅、栄、大阪梅田アのマンツーマン英会話


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 会社概要・社長メッセージ・ミッション

会社概要

 

会社名 日本語名:アトラス株式会社(日本法人)
英語名:ATLAS CORPORATION JAPAN
本社所在地

北海道札幌市中央区北4条西3丁目1 札幌駅前合同ビル9F

独立系シンクタンク Webマーケティング事業部研究所

支店所在地

■札幌駅前LS 
北海道札幌市中央区北4条西3丁目1 札幌駅前合同ビル9F
電話:011-211-0492

■札幌大通LS 
北海道札幌市中央区南1条西5丁目7-2 豊川南1条ビル7F
電話:011-210-9990

■横浜LS
神奈川県横浜市西区北幸2丁目1-6 鶴見ビル2F
電話:045-313-1517

■名古屋駅前LS
愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目17-25 アスタービル7F
電話:052-581-8444

■名古屋栄LS
愛知県名古屋市中区栄3-7-9 新鏡栄ビル9F
TEL:052-265-9166

■大阪梅田LS
大阪府大阪市北区芝田2丁目7-18 オーエックス梅田ビル7F
電話:06-4256-7190

■オンライスクール eAtlasマンツーマン英会話
電話:011-210-9991

創業 1995年4月(米国法人)

2001年3月(日本法人)

設立 2003年3月
代表者

代表取締役社長兼CEO: ピーター・ヨネナガ

資本金 10,000,000円
決算期 12月
従業員数、在籍講師数 30名以上、1,000名以上

業務内容

8カ国以上のマンツーマンに特化した会員制語学スクールの運営
企業、官公庁向けグループ&マンツーマン英会話レッスン
eラーニング型オンライン英会話スクールの運営
留学・ワーキングホリデー・ホームステイ斡旋事業
韓流・華流エンターテイメント事業
合宿制による語学学習イベント事業
未来予測による企業経営コンサルティング及び支援事業

 

アトラス株式会社代表取締役社長(CEO) ピーター・ヨネナガの略歴

7歳の時に単身渡米し、中学生の時に一時帰国。日本の高校を卒業後、再度渡米し、カリフォルニア大学バークレー校在学中にシリコンバレーに会社を設立。卒業後、永住権を取得。米国の士官学校にも合格し、MOS(特技区部)に入隊後、合衆国連邦政府外務省に在籍。カリフォルニア州兵として5年間奉職し、アジア大洋州地区を最後に自主退職し、約10年ぶりに帰国。在任中は、米国内や海外で行われた会議協議等に翻訳者として多数出席した。現在、全国に教室を持つ会員制語学スクールを運営し、アトラス株式会社の代表取締役社長(CEO)を務める。英語、日本語、韓国語、中国語、その他欧州圏言語にも精通するマルチリンガル。

 

「グローバル人材は、日本国内のバイアスのかかった情報だけを見て判断せず、英語やその他の外国語を媒体とした別のソースにあたって情報を得るリテラシーをすべての日本人に!」という想いの下、語学教育と情報教育を多方面に展開している。自ら世界を回り、国内外で起きていることのコラムを執筆すると共に、世界経済や投資に対する研修事業を全国で展開している。国内企業に対し、様々な形で企業経営コンサルティング及び支援事業を行い、実績を上げている。

 

米国カリフォルニア大学バークレー校で第二言語教授学(TESOL・学士)、国際関係学(IR・学士)、ビジネス・アドミニストレーション(MBA・修士・ハースビジネススクール)を学び、2000年に帰国。2002年、最初のランゲージスペース開校後、口コミにより規模が急拡大し、マンツーマン英会話に特化した会員制語学スクール「Atlasマンツーマン英会話」を設立。2004年に全国展開を始め、語学教育業界のリーディング・カンパニーとして在籍講師数、会員数などで多くの記録を塗り替えている。米国での起業時代から数えて無借金経営が20年を超え、大手英会話スクールが倒産、閉鎖する中、ビジネスモデル的、財務的に健康な経営を心掛ける日系米国人。

 

代表取締役社長ピーター・ヨネナガのメッセージ
「世界は音を立てて動いているのに、なぜ日本だけは遅々として動かないのか?」

 

そんな強い想いを胸に、20年以上も滞在したアメリカを離れ、10年以上にわたって運営してきたAtlasマンツーマン英会話は2011年3月11日に独立系シンクタンクであるWebマーケティング事業部研究所を設立しました。その後、日本とそれを取り巻く国内外情勢は収斂していくのではなく、むしろ事態の混乱とリスクの拡散へと向かい続けています。その様な中で私たちは日々翻弄され、不安を抱え、時には未来への希望すら失いかけることさえあるのです。

 

「希望を抱け。輝く未来は必ずやって来る!」

 

そう唱えるだけではなく、なぜそのように考えるべきなのか、またそのために何を今、すべきなのかについて提言し、具体的に行動するのが私たちWebマーケティング事業部研究所の役割です。

また「それでは一歩踏み出してみようか」と勇気を振り絞る皆様のお手伝いを私たちAtlasはさせて頂いてきています。また、ますます動揺していく状況の中で途惑っているのは何も私たち日本人だけではありません。グローバル社会の中で多くの人たちが混乱し、未来に向けた希望の光を見失いかけています。日本において育まれてきたものをあくまでもベースにしながら、そうした全世界の人々に対して「在るべき姿とそれに向けた方向性」を私たちAtlasは示して来ています。

 

私たちAtlasはそのことを通じて、世界中の人々が幸せの中で自らを実現していく時代としての全く新しい原理原則に基づく日本の時代へと転換していくことを目標としています。その意味で私たちAtlasが目指しているのは日本における語学教育業界全体をリードするリーディング・カンパニーへの大きな跳躍です。「いつまでも動かない日本」を「新しい世界を想像していく担い手としての日本」へと率先して変えていくことを通じて、私たちAtlasは次の時代を引き続き切り開いて行きます。

 

「Atlasマンツーマン英会話の3つのミッション」

私たちは日本と世界の全ての人々に希望と未来がもたらされることを目標に活動します。人種や文化、生活習慣、そして言語などあらゆる違いを越えた場づくり、輝くイノベーションをもたらす人材の育成と助言、そして情報リテラシーの研究開発と普及を行います。

Our goal is giving all the people hope and future. Integration beyond borders, incubation and advisory for innovative human resource, and Language study to expand information literacy are our tools.

 

Atlasでは語学教育業界の「リーディング・カンパニー」として、今日も英会話の新しい可能性を創造し続けています。2001年の創業時には、自宅やオフィスに講師を派遣する派遣型マンツーマンレッスンを語学教育業界ではじめて導入し、市場にマンツーマンレッスンの概念を浸透させることに成功しました。2003年には、「自宅学習」と「レッスンカリキュラム」で相乗効果を発揮できるLS(教室)施設を導入し、年間を通じた日本人カウンセラーによる学習カウンセリングによって英会話力にとどまることなく英会話を通じてお客様の「なりたい自分になる」サポートを続けています。

 

Atlasが英会話の新しい可能性や環境を市場に生み出し続けるのは、3つのミッションという経営理念の達成を目指しているからです。

①語学教育・スクール業界の変革
②日本人メンタリティーの変革
③プラウト経営主義へのスムーズな移行

創業以来守り続けている、私たちの存在意義であり、私たちの未来であり、今日のあるべき姿です。Atlasは理念の達成を真剣に目指し、行動する「ソーシャル・カンパニー」です。3つのミッションを行動基準として「マンツーマンレッスン」や「オンラインスクール」、さらに「10ヶ国語のマルチリンガルレッスン」のように、柔軟で新しい概念を市場に生み出し続けることをお約束します。

アトラス株式会社 代表取締役社長 ピーター・ヨネナガ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

 

 

 

Copyright Atlas Corp.All right reserved.