Atlasマンツーマン英会話

ドイツ語コース:ドイツ人の特徴・人間関係やコミュニケーションについて|Atlasマンツーマン独語コース

札幌、東京、横浜、名古屋、栄、大阪梅田エリアのマンツーマンドイツ語


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > ドイツ語コース

マンツーマン・ドイツ語コース

 

ドイツ語コース

ポイント
ポイント1  マンツーマン60分でしっかり指導
ポイント2  レッスン料は毎回払い
ポイント3  ベテランのネイティブ講師による上達優先指導
ポイント4  細かい発音の違いを丁寧に解説
ポイント5  語学のみならず、文化や習慣も学べる
ドイツ人の特徴について

現代の先進国の文化というのは、グローバル化により世界的に似たようなものになっていますが、やはり日本と比べると、欧州に住んでいるドイツ人ビジネスパーソンや特に若い世代は、他の文化出身の訪問者との交流を経験したり、取引をしています。

だからといって、必ずしもドイツ人全員がオープン・マインドだというわけではなく、ドイツやスイス、オーストリアなどへ旅行や留学、ビジネスなどをする際、彼らの方法で事を運ぶことを期待される傾向があります。それほど国の歴史や重要性について敬意を表すことはとても大切だといえます。

ドイツの文化は未だに比較的均一でありながらも、1990 年の東西ドイツ統一により東ドイツの人々が45年以上にわたる社会主義や共産党の支配の間に適用されてきた異なった価値観により、新しい側面がもたらされています。

ドイツ人の人間関係

ビジネスにおける以前からの人間関係は、ドイツではあまり重要では なく、 初期のビジネス上の交流では必要な必須条件ではありません。ドイツ人の取引相手は、一緒にビジネスをする上で日本人をより理解することを期待する傾向があります。

他の欧州諸国と比べてドイツでは、ビジネスにおいて合意が形成されるまで、ほとんどのドイツ人は注意深く、一見打ち解けず、慎重に進める傾向があります。しかし、一度必要な信頼が築かれれば、尊敬するビジネスパートナーとして、困難な状況になろうと長く続く忠誠心が芽生えてきます。ほとんどのドイツ人は、取引への長期のコミットをするようパートナーに期待する傾向もあります。

ドイツではフランスと同様に、もしあなたの会社で別の担当者と置き換えた場合、あなたが残したものを引き継ぐことはとても簡単です。これと同様に、もしあなたが自分の会社の誰かを紹介する場合には、その人は適切なビジネスパートナーとしてすぐに受け入れてくれる傾向があります。

これは、ドイツ人が自分達と取引している人を気にかけないということではなく、彼らの信頼を得たいなら、個人的な誠実さと信頼が大切だということから来ています。

ドイツ人はビジネスとプライベートな生活を分けたがるものの、ドイツ人のビジネスパートナーと個人的に強い絆を築くことは可能です。

それには何ヶ月も、あるいは何年も時間がかかります。このプロセスを早めようとしても、不信感を持たれるかもしれません。ドイツでは誠実さがカギとなる要素があり、信頼は得ることよりも失う方がすっと簡単です。

逆を言えば、ドイツ人の取引先があなたに何か不快な事実を伝える時、彼らはあなたとの関係に対して良い感情を持っていることを示そうとします。彼らは一度強い信頼関係が築かれたら、等しく率直であることを期待する傾向があります。しかし、ドイツ人は皮肉に対してとても繊細になることもあります。彼らを公的な場で侮辱しないようにしましょう。

どうしても確信が持てない時は、あなたの考えをアピールした方が良い場合があります。例えば、人々は何か問題が起きた時に他人のせいにしますが、外国人がドイツ人に対して同じことをした場合、ネガティブに受け取られるかもしれません。

ドイツのビジネス文化の中で人への尊敬というのは、「達成」、「ステイタス」、「品格」、「教育」によります。尊敬される人の特徴は、信頼感や論理的な考え方、そして知識や経験が含まれます。

ほとんどのドイツ人は、他国よりも自国の労働者の方がより生産的だと考えています。これはドイツ人の大きなプライドであり、もし反対する証拠があったとしてもその信念を貫かない方が良いでしょう。

ドイツ人のコミュニケーション

ドイツの公用語は当然ドイツ語です。しかし、発音とボキャブラリーは地域ごとに違い、外国語としてドイツ語を学んだことがある人にとって、コミュニケーションを複雑化させるかもしれません。

多くのドイツ人ビジネスパーソンは上手に英語を話し、通訳などはほとんど必要としません。しかし、ドイツ人がイギリス英語を話し、精通していることで誤解が起きやすいことも事実です。

アメリカ英語と違うことで、必要であれば前もってその違いに慣れておく必要性があります。ポイントとしては、より短く簡単な文章で話し、専門用語やスラングを使わない方が良いでしょう。

ドイツのビジネスパーソンは、ほとんどの文化圏のビジネスパーソンと比べると少し大声ですが、アメリカ人ほど大声ではありません。ゆっくり明確に話すのは権威を示している証拠です。特に、レストランではビジネスランチ、ディナーで使われるような場所では静かに話しましょう。

大声で話すことはマナーが悪いと見なされることがあります。一般的にドイツ人は、3メートルほど離れて立った状態で会話をする傾向があります。

さて、皆さんはドイツ語に興味が持てたでしょうか?

ドイツ人と上手く付き合い、旅行を満喫する、ビジネスなどで成功する、恋人になる、パートナーを組む、留学なやホームステイなどでコミュニケーションをとる、など、人によって活用は違うと思います。

しかし、共通しているのはお互いを理解し、尊重し、理解し合うことではないでしょうか。そのためには、お互いの背景をあらかじめ知った上で、双方で対話することが必要です。

ドイツ語コースのより詳細については、次のページにありますので、是非お読みになっていただき、感想を教えていただければ幸いです。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.