Atlasマンツーマン英会話

ドイツ語コース|Atlasマンツーマン独語コース

札幌、東京、横浜、名古屋、栄、大阪梅田エリアのマンツーマンドイツ語


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > ドイツ語コース

マンツーマン・ドイツ語コース

 

ドイツ語コース

ポイント
ポイント1  マンツーマン60分でしっかり指導
ポイント2  レッスン料は毎回払い
ポイント3  ベテランのネイティブ講師による上達優先指導
ポイント4  細かい発音の違いを丁寧に解説
ポイント5  語学のみならず、文化や習慣も学べる

 

ドイツ語ってどんな言語?

ドイツ語は、いわゆるゲルマン語系の言語で、西ゲルマン語のグループに属しており、英語やオランダ語も兄弟言語になります。これらの言語がいかに似ているか、いくつか挙げてみます。

アメリカ国旗フランス国旗ドイツ国旗

このようにドイツ語と英語はほとんど変わらないという印象を持たれると思いますが、もちろん違いも少なくありません。一番大きな違いはドイツ語の場合、他のヨーロッパ言語と同じように名刺に「男性」「中世」「女性」の性があるということです。男性はFingerで女性がLippeです。名詞の性は、長い歴史の中で変化してきたもので、ドイツ語を母国語とする人に意味を聞いても答えは返ってこないはずです。

 


ドイツ以外のドイツ語が話されている国

ドイツ語が話されている国の地図

ドイツ語はいうまでもなくヨーロッパの主要言語の一つで、ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクル、ベルギーでも公用語とされています。

また、ドイツと国境を接するフランスのアルザス地方やイタリアのチロル地方、東ヨーロッパでも日常的に話されています。
さらに、世界中にドイツを話す少数グループがいます。

ヨーロッパではもっとも多くの人が使う言語であり、ドイツ語を母国語とする人口は世界全体で約1億2000万人、ヨーロッパでは約1億人にのぼります。

ドイツ語を学ぶ目的

 

日本とドイツには明治時代から深い結びつきがあり、政治制度や法律、医学、科学などあらゆる分野で日本はドイツの影響を受けてきました。


日本語のカタカナにもドイツ語起源のものがたくさんあります。例えば、アルバイトやテーマ、エネルギー、カルテ、アレルギー、カプセルなどです。

ドイツ語から生まれた日本語

 

 

ドイツがEUを引っ張る

EUの先頭を引っ張って様々な情報を発信するドイツの動向を知るためには、英語を学ぶだけでは不十分なのかもしれません。世界的に有名な文学者や音楽家にドイツ語圏出身者が多いことも、Atlasマンツーマンドイツ語のドイツ語受講者の目的を高めています。

 

スイスは地方自治、多言語学習のお手本のような国ですが、60%以上の人はドイツ語で話しています。ドイツ語の新聞や雑誌、小説や楽譜を読む力を身に付けた人は、ドイツ語圏の国々への旅行やビジネスに役に立つでしょう。
近年、日本人選手のサッカーのブンデスリーガでの活躍は目を見張るものがあります。日本人とドイツ人の精神性が似ていることもありますますドイツで活躍する日本人が増えていくのではないでしょうか。

ドイツ語を学ぶメリット

ドイツ語のあいさつ

朝夕晩のあいさつとお礼は英語そっくりですが、さようならは、まったく違います。英語とドイツ語はそれぞれ独立した言語ですから違いがあって当然です。ところで、ドイツ語のマンツーマンレッスンを受けてみようという方には、人称変化や格変化という同士、助動詞、名詞、冠詞、形容詞の変化も学習する必要があります。この点は英語も、フランス語もスペイン語もイタリア語も同じです。

 

   おはよう こんにちは こんばんは ありがとう さようなら
アメリカ国旗
America
Good morning Good afternoon Good evening Thank you Good bye
ドイツ国旗
German
Guten Morgen Guten Tag Gutem Abend Danke schon Auf Wiedersehen

 

さらに詳しい「ドイツ語コース」についてはこちらから

 

ドイツ語コースの特徴

イタリア語コースの特徴1イタリア語コースの特徴2イタリア語コースの特徴3イタリア語コースの特徴4

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.