Atlasマンツーマン英会話

中国語コース(香港人の特徴・人間関係やコミュニケーション法について)|Atlasマンツーマン中国語コース

札幌、東京、横浜、名古屋、栄、大阪梅田エリアのマンツーマン中国語


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 中国語コース

マンツーマン・中国語コース

 

中国語コース
ポイント
ポイント1 マンツーマン60分でしっかり指導
ポイント2 レッスン料は毎回払い
ポイント3 ベテラン講師による上達優先指導
ポイント4 細かい発音の違いを丁寧に解説
ポイント5 語学のみならず、文化や習慣も学べる
香港人の特徴について

現現代の先進国の文化というのは、グローバル化により世界的に似たようなものになっていますが、日本と比べると香港人ビジネスパーソンや特に若い世代は、他の文化出身の訪問者との交流を経験したり、取引をしています。

だからといって、必ずしも香港人がオープン・マインドだというわけではなく、香港やマカオへ旅行や留学、ビジネスなどをする際、彼らの方法で事を運ぶことを期待する人も多くいるわけです。それほど国の歴史や重要性について敬意を表すことはとても大切だといえます。

1997年にイギリスによる統治が終了し、中国に返還された香港は今でも特別管理区域となっており、独立した国家ではありません。しかし、幾つかの重要な部分で中国本土とは違う独自の文化を保ち続けています。香港と中国が実質的に同じだと捉えるのは間違いです。香港での交渉は中国本土用とは分けて準備する必要があります。

どこよりも速いペースで進む香港のビジネス文化は、どちらかといえば中国よりもよりアメリカに似ているといえます。香港のビジネスパーソンは、一般的に中国人よりも長期志向ではありません。

香港のビジネスパーソン、特に若い世代のほとんどは、他の文化圏からの訪問者と交流した経験があります。彼らは他国の人々とビジネスをすることにとても熱心なので、香港でビジネス交渉をする際、ほとんどの人は柔軟性があり、オープン・マインドであることが期待できます。

香港文化とは、基本的にグループ志向です。グループに所属し、その規範に準拠し、メンバー間の調和を保つことの方が個々の好みを主張するよりも重視されています。したがって、長続きする信頼関係を築くことはとても重要です。

他の文化圏の人々はこのよう な信頼関係は、徐々にビジネス上のプロセスで築かれるものだと思うかもしれませんが、むしろほとんどの香港人は契約の締結までに強い関係が出来ることを期待する傾向があります。

この傾向は年々変化して来ていますが、今でも相手方があなたを信頼した後で、ビジネスの話し合いを進める方が有利です 一度、相手に信用の置けるパートナーだと証明する事が出来れば、次の取引は前よりもよりし易くなります。

香港人の人間関係

香港人の人間関係は、「親交」、「尊重」、「信頼」が基本となっています。欧米諸国と違って香港でのビジネスは、企業同士の間ではなく、個人間、またはグループ間に存在しています。そのため、 会社の担当者を変更すると人間関係の構築を最初からやり直さなければなりません。

何より香港の文化では、「面子を立てる」ことが重要です。何としても調和は保たれなければならず、感情が抑制できることで高い評価を得ることができます。一人に恥をかかせると、関わっている人達全員の面目を潰し、交渉を台無しにしかねません。

個人の評判と社会的立場は、感情をコントロールでき、常に友好的に振舞える能力に大きく左右されます。もし不快な話題を持ち出さなければならない場合、絶対に公の場で話すのではなく、相手が自尊心を保てる方法でメッセージを伝えることが必要です。

当然、平静な装いを保ち、決してあなたが狼狽しているところを見せてはいけません。常に謙虚に、そして信頼関係を保つ努力を怠らないことがあなたを成功に導く大切な要素となります。

褒め言葉をもらった際には、自分がその賞賛に値しないと主張するか、自分の成果を卑下しつつも、賞賛に感謝の意を伝えましょう。

相手も謙遜するからといって、褒めるのを止めるべきではありません。香港でも中国人にとって礼儀正しさと謙虚さは人間関係で成功する基本的な要素ですが、それがビジネスの目的に到達するための決定に影響を与えることはありません。

香港人は我慢強く、そして根気強く目的を追求します。彼らと同じように振舞ことがあなたにとって最善の方法といえそうです。

香港のビジネス文化では、主に相手の「ステータス」や「ランク」、「功績」や「学歴」を尊敬されることを喜ぶ傾向があります。年長者には最大の敬意を払うことが大切です。その他、敬意の対象になる特性は、「謙虚さ」、「誠実さ」、そして「礼儀正しさ」です。

香港人のコミュニケーション

香港の公用語は「中国語」と「英語」です。中国語の中では広東語が最もよく話されています。多くのビジネスパーソンのほとんどが流暢に英語を話します。しかし、場合によっては通訳者を同席させた方が良いこともあります。

相手方に不愉快な思いをさせないよう、会議の前に通訳を同席させるべきかどうかを確認してください。英語で会話をする際には、できるだけ短い文章で、シンプルに話し、専門用語やスラングなどは避けてください。

さて、皆さんは中国語や英語に興味が持てたでしょうか?

香港人と上手く付き合い、旅行を満喫する、ビジネスなどで成功する、恋人になる、パートナーを組む、留学なやホームステイなどでコミュニケーションをとる、など、人によって活用は違うと思います。

しかし、共通しているのはお互いを理解し、尊重し、理解し合うことではないでしょうか。そのためには、お互いの背景をあらかじめ知った上で、双方で対話することが必要です。

中国語や英語コースのより詳細については、次のページにありますので、是非お読みになっていただき、感想を教えていただければ幸いです。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.