Atlasマンツーマン英会話

中国語コース|Atlasマンツーマン中国語コース

札幌、東京、横浜、名古屋、栄、大阪梅田エリアのマンツーマン中国語


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Atlasの特徴レッスンコース・授業料一覧スクールを探す無料体験レッスン子供英会話Atlas KID'Sオンライン英会話

ホーム > 中国語コース

マンツーマン・中国語コース

 

中国語コース
ポイント
ポイント1 マンツーマン60分でしっかり指導
ポイント2 レッスン料は毎回払い
ポイント3 ベテラン講師による上達優先指導
ポイント4 細かい発音の違いを丁寧に解説
ポイント5 語学のみならず、文化や習慣も学べる
中国語コースについて

 

中国語ってどんな言語?

世界で最も使用されている言語は、いうまでもなく英語です。しかし、世界の人口の6分の1は中国人です。中国語は、世界の言語の中でも、まぎれもなく最大の使用人口を誇る言語なのです。

私たち日本人が学ぶ中国語は、中国国内では漢語と呼ばれています。これは、他民族国家の中国でも、漢民族の言語という意味です。しかし、この漢語自体が、一般的に7大方言区域に分けられるほど多様な方言が存在するのです。

もっと専門的に言うと、上海語、広東語、福建語、客家語と呼ばれていますが、日本語の標準語にあたるものがどうしても必要になります。それが皆さんが学んでいる普通話と呼ばれる標準語で、中国全土で通用します。

 

中国語は言語学的に孤立した言語

中国語は、言語学的には孤立した言語とされていて、日本語や英語のような時制や格変化、助詞や助動詞のようなものはありません。また、声調という音声の上がり下がりの違いによって意味が変わるなど、発音が少し複雑な言葉です。
中国語は、中国本土のみならず、香港、マカオ、台湾、また海外に多く住む華僑によっても話されています。この事実だけでも、中国語を学ぶ目的は大きいといえます。

中国は、社会主義体制を保ちながら、市場経済の改革や開放を一部の地域で行っています。アジアの大国ですが、経済的にも無視できない国です。日本との政治的な問題は尖閣諸島などでありますが、今後もさらに中国語を使用する機会は、いやが上にも増えていくと考えられえます。

また、歴史的に見ても、日本と中国は深い関係があります。日本人は漢字という文字を共有し、文化的にも中国から来たものがあります。日本の歴史や文化を考える上でも、中国語の知識は役に立つものです。

近年、英語などの欧米言語のほかに、アジアの言語を学ぶことは不可欠だといわれています。中国人との真のパートナーシップを築くためにも、Atlasで中国語をまなぶことは最良の方法といえそうです。

 

中国語の発音と簡体字、声調とピンイン

中国語の発音と簡体字、声調とピンインについて?中国語学習の入門は、正しい発音をスタートすることから始めます。日本人の場合は、感じが読めてしまうために、発音を学習しない点があるので注意が必要です。聞く、話す、読む、書くのバランスが取れた中国語学習をしていきます。

中国語の発音で、まず最初に学ぶことは四声、つまり声調です。声調とは、音声の上がり下がりのことですが、中国語は、ひとつの文字は、原則として一定の声調で発音されるようになっています。普通話では、4つの声調があることから、四声とも呼ばれます。四声の違いにより、同じ発音でも意味が違うので注意が必要なのです。

また、それぞれの漢字の読み方を示す、中国のローマ字ピンインの読み方を覚える必要があります。日本語にはない難しい音声もありますが、Atlasマンツーマン中国語では、音楽の勉強のように楽しく習うことができます。ピンインが正しく発音できるようになったら、中国語の単語を感じと一緒にこのピンインを記憶するように学習を進めていきます。 中国語は、ある意味、音楽的な言語です。最初は、少し発音を聞いているうちに、その独特の響きに魅了される学習者も少なくありません。文法の構造的な理解も必要ですが、全体を駆使して上達するのが、中国語の基本です。さらに詳しい「中国語コース」についてはこちらから

中国語コースの特徴
中国語コースの特徴1
中国語コースの特徴2
中国語コースの特徴3
中国語コースの特徴4
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ページのトップへ

Copyright Atlas Corp.All right reserved.